Symfoware

Symfowareについての考察blog

OpenJDK 8 jjs javafxの画面を作成する

jjs scriptでjavafxの画面が作れるのですね。
Windowsのバッチファイルにjjs scriptを書く

Ubuntu 16.04 + OpenJDK 8で試してみます。

ソースは参考URLのものそのままです。

・sample.js


  1. load("fx:base.js");
  2. load("fx:controls.js");
  3. load("fx:graphics.js");
  4. $STAGE.title = "Hello World!";
  5. var button = new Button();
  6. button.text = "Say 'Hello World'";
  7. button.onAction = function() print("Hello World!");
  8. var root = new StackPane();
  9. root.children.add(button);
  10. $STAGE.scene = new Scene(root, 300, 250);
  11. $STAGE.show();






実行



普通に実行すると、JavaFX runtime not foundというエラーになります。


$ jjs sample.js
fx:base.js:51:8 Error: JavaFX runtime not found




javafx関連の呼び出しを行いたい場合は、「-fx」オプションを指定します。


$ jjs -fx sample.js
JavaFX is not available.




今度はjavafxが存在しないと怒られました。

Why is JavaFX is not included in OpenJDK 8 on Ubuntu Wily (15.10)?
こちらを参考に、openjfxをインストールします。


$ sudo apt-get install openjfx




再度jjsスクリプトを実行すると、見事画面が表示されました。


$ jjs -fx sample.js



723_01.png



jjsスクリプトでここまで出来るとは...

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/01/12(木) 22:11:27|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集

OpenJDK 8 jjs 別のファイルに記載した関数を取り込む

OpenJDK 8のjjsを触ってみています。
OpenJDK 8 jjsコマンドでJavaScriptを実行する


今回は別のファイルに記載した処理を実行する方法を試してみます。
通常のjavaだとimportでしょうか。


サンプル



組み込み関数のloadを使用して、別のファイルを読み込みます。
https://docs.oracle.com/javase/8/docs/technotes/guides/scripting/nashorn/shell.html


処理を分けたjsファイル

・test.js


  1. function called_func(value) {
  2.     print('hello ' + value)
  3. }




test.jsを読み込むサンプル

・sample.js


  1. // test.jsをロード
  2. load('test.js')
  3. // test.jsの関数を呼び出し
  4. called_func('symfo')





実行してみると、ちゃんとtest.jsの関数が呼び出せていますね。


$ jjs sample.js
hello symfo




ファイルの指定は、相対・絶対パスに加えweb上のリソース(http://www.example.com/test.js)でも良いようです。


【参考URL】

https://docs.oracle.com/javase/8/docs/technotes/guides/scripting/nashorn/shell.html

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/01/12(木) 22:04:02|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集

OpenJDK 8 jjsコマンドでJavaScriptを実行する

Java 8からjjsというjavascriptエンジンNashornを実行するコマンドが追加されていました。

[Java, JavaScript] Oracle Nashorn: A Next-Generation JavaScript Engine for the JVM
JJSコマンドでJavaScriptコード内でJavaコードを呼び出す

ちょっと触ってみます。


実行環境



Ubuntu 16.04にインストールしたOpenJDK 8で試しています。


$ java -version
openjdk version "1.8.0_111"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_111-8u111-b14-2ubuntu0.16.04.2-b14)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.111-b14, mixed mode)





hello world!



sample.jsというファイルを作成。
javascriptのコードを記載します。


・sample.js


  1. print('hello world!');
  2. print('日本語でこんにちは!');





スクリプトファイルを配置したディレクトリに移動して実行。


$ jjs sample.js
hello world!
日本語でこんにちは!






ループ、配列、連想配列



もう少し触ってみます。


  1. // コメントは「//」で開始
  2. // 配列の宣言と内容表示
  3. var values = [1, 2, 3, 4, 5];
  4. for each (var value in values) {
  5.     print(value);
  6. }
  7. print(Array(11).join('-'));
  8. // 連想配列の宣言と内容表示
  9. var mapvalue = {
  10.     'one' : 'いち',
  11.     'two' : 'に',
  12.     'three' : 'さん',
  13. };
  14. print(mapvalue['one']);
  15. print(mapvalue['two']);
  16. print(mapvalue['three']);
  17. print(mapvalue['four']);




実行結果


$ jjs sample.js
1
2
3
4
5
----------
いち

さん
undefined





こんな事が出来るようになっていたとは。




【参考URL】

[Java, JavaScript] Oracle Nashorn: A Next-Generation JavaScript Engine for the JVM

JJSコマンドでJavaScriptコード内でJavaコードを呼び出す

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/01/11(水) 22:43:15|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集

Eclipse NeonにMercurialプラグイン(mercurialeclipse)をインストールする

Eclipse MarsにMercurialプラグインをインストールする

こちらの手順ではインストールできなくなっていたので改めてメモしておきます。


Mercurialのインストール



事前にMercurialをインストールしておきました。


$ sudo apt-get install mercurial





プラグインのインストール



プラグインの開発はbitbucketに移行したようです。
https://bitbucket.org/mercurialeclipse/main/wiki/Home

eclipseのメニューから[ヘルプ] - [Install New Software]を選択。
「追加」をクリックします。

705_01.png


名前は適当に「MercurialEclipse」
ロケーションは「https://bitbucket.org/mercurialeclipse/update-site/raw/default/」を指定します。

705_02.png


インストール可能なプラグインが表示されるので、
「MercurialEclipse Stable Release」を選択します。

705_03.png


あとはウィザードに従いインストール。

705_04.png

705_05.png

705_06.png

705_07.png


これでインポートのメニューにMercurialが追加されました。

705_08.png


テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/08/07(日) 22:35:13|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集

Ubuntu 16.04 eclipse neonのインストールと日本語化

Ubuntu 16.04にeclipse neonをインストール。日本語化してみます。

こちらを参考にしました。

How to Install The Latest Eclipse in Ubuntu 16.04, 15.10
Ubuntu 16.04 に Eclipse をインストールして日本語化したのでメモ




OpenJDKのインストール



まずJavaのインストールを行います。


$ sudo apt-get install openjdk-8-jdk



1.8.0_91がインストールできました。


$ java -version
openjdk version "1.8.0_91"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_91-8u91-b14-3ubuntu1~16.04.1-b14)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.91-b14, mixed mode)






eclipseインストーラーの取得



こちらのサイトからインストーラーを取得
http://www.eclipse.org/downloads/

704_01.png

704_02.png


eclipse-inst-linux64.tar.gzをダウンロードしたら解凍します。
解凍したフォルダにある「eclipse-inst」をダブルクリックするとインストーラーが起動します。

704_03.png

704_04.png


Eclipse IDE for Java Developersを選択しました。
インストールフォルダーはデフォルトのままインストールしました。

704_05.png


インストール中。
久しぶりにインストールしましたが、随分インストーラーが進化していますね。

704_06.png


インストール途中、ライセンスの確認画面が表示されます。
「Remember accepted licenses」にチェックをつけてAccept。

704_07.png


インストールが進むと証明書の確認画面が表示されます。
「Select All」してOKをクリック。

704_08.png


インストール完了です。
「LAUNCH」をクリックすると

704_09.png


eclipseが起動します。
この段階ではまだ英語表記です。

704_10.png


一旦eclipseを終了します。




日本語化



Pleiadesのサイトからpleiades_1.7.0.zipをダウンロード。

704_11.png

解凍すると
features
plugins
readme
というフォルダがあるので、eclipseのフォルダに上書きします。

704_12.png


eclipse.iniを編集
以下の2行を追記します。
※-javaagentで指定するjarのパスは環境に合わせて変更してください。


-Xverify:none
-javaagent:/home/user_name/eclipse/java-neon/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar



704_13.png


eclipseをダブルクリックで起動すると、日本語化された状態で起動するはずです。

704_14.png




Dashへの追加



Dashから起動できるようにしておきます。
設定ファイルを新規作成。


$ sudo gedit /usr/share/applications/eclipse.desktop




以下の内容を保存します。
インストールパスは適当に読み替えてください。


[Desktop Entry]
Version=1.0
Type=Application
Name=Eclipse
Name[ja]=Eclipse
Comment=Eclipse is an integrated development environment (IDE)
Comment[ja]=統合開発環境
Keywords=Java;java;IDE
Keywords[ja]=Java;java;IDE;統合開発環境
Exec=/home/USERNAME/eclipse/java-neon/eclipse/eclipse
Icon=/home/USERNAME/eclipse/java-neon/eclipse/icon.xpm
Terminal=false
Categories=Java;Development;IDE
StartupNotify=true
StartupWMClass=Eclipse
Actions=Clean
[Desktop Action Clean]
Name=eclipse -clean
Exec=/home/USERNAME/eclipse/java-neon/eclipse/eclipse -clean
OnlyShowIn=Unity




これでDashの候補に表示されるようになりました。

704_15.png



【参考URL】

How to Install The Latest Eclipse in Ubuntu 16.04, 15.10

Ubuntu 16.04 に Eclipse をインストールして日本語化したのでメモ


テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/08/07(日) 22:09:04|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
前のページ 次のページ