Symfoware

Symfowareについての考察blog

無料の介護請求ソフト 給管鳥をインストールする

ORCA PROJECTから、介護請求が行えるソフト「給管鳥」が無料で提供されています。
給付管理/介護報酬請求支援ソフトウェア 給管鳥

インストールする機会があったので、手順をメモしておきます。


※無償版を使用する場合は無保証です。
サポートサービスを受けたい場合は、
「ORCAサポートセンタ」から販売されているインストーラーを購入する必要があります。
ORCAサポートセンタ 給付管理/介護報酬請求支援ソフトウェア 『給管鳥』




インストール手順の概要



給管鳥以外に、3つのソフトウェア(全て無料)をインストールする必要があります。

Java:給管鳥を起動するため。
Firebird:データを保存するのに使用しているデータベース
Adobe Reader:印刷プレビューを表示するため。

一つずつインストールしていきます。







Javaの事項環境のインストール



こちらのURLをブラウザで表示します。

無料Javaのダウンロード
http://java.com/ja/download/

「無料Javaのダウンロード」をクリック。
105_01.png


ダウンロード画面に移動します。
「同意して無料ダウンロードを開始」をクリック。
105_02.png


JavaSetup75u.exeを実行または保存しますか?と尋ねられるので実行を選択。
105_03.png


本当に実行して良いか尋ねられます。
「はい」を選択します。
105_04.png



セットアップの実行画面が表示されます。
右下の「インストール」をクリック。
105_05.png


インストール中・・・
105_06.png


インストール完了です。
「閉じる」を押して、画面を終了します。
105_07.png


これでJavaのインストールは終わりです。






Firebirdのインストール



次はデータを保存しておくためのソフト「Firebird」をインストールします。

以下のURLを開きます。※英語ページです。

http://www.firebirdsql.org/en/firebird-2-5/

表示したら、ちょっと下に行ったところに
「Firebird-2.5.1.26351_1_Win32.exe」というリンクがあると思いますので、クリックします。

105_08.png


別のページに移動した後、ダウンロードが実行されます。
Firebird-2.5.1.26351_1_Win32.exeを実行または保存しますか?と尋ねられるので、
実行をクリックします。
105_09.png


本当に実行して良いか尋ねられます。
「はい」を選択して実行します。
105_10.png


使用する言語の選択画面が表示されます。
日本語はないので、EnglishのままOK。
105_11.png


最初の画面はそのままNext。
105_12.png


次の画面は、「I accept the agreement」を選択してNext。
105_13.png


後はずっとNextを選択していけばOKです。
105_14.png

105_15.png

105_16.png

105_17.png

105_18.png

105_19.png

105_20.png


これで最後、Finishを押してインストール完了です。
この後ブラウザが起動しますが、すぐに閉じてしまってよいです。
105_21.png






Adobe Readerのインストール



以下のURLを表示します。

Adobe - 無償の PDF ビューア、Adobe Reader のダウンロード
http://get.adobe.com/jp/reader/

「今すぐダウンロード」をクリック。
105_22.png


install_reader10_jp_gtbd_....exeを実行または保存しますか?と尋ねられるので
実行を選択します。
105_23.png


本当に実行して良いか尋ねられます。
「はい」を選択して実行します。
105_24.png


インストール中・・・
105_25.png


インストールが終了しました。
「完了」をクリックして、画面を終了します。
105_26.png


これでAdobe Readerのインストールは終了です。








給管鳥のインストール



いよいよ給管鳥のインストールです。
給管鳥のダウンロード・インストールの画面を表示します。

http://www.orca.med.or.jp/kyukantyo/install.html

少し下にスクロールしたところに
「給管鳥Ver6.0 Windows向けインストーラ:qkan6_install.exe(約24MB) 」
という表示があると思います。

qkan6_install.exeのリンクをクリックします。
105_27.png


qkan6_install.exeを実行または保存しますか?と尋ねられます。
「実行」をクリックします。
105_28.png


警告が表示される場合は、「操作」をクリックします。
105_29.png


SmartScreenフィルター画面が表示されるので、「詳細オプション」をクリック。
105_30.png


「実行」をクリックします。
105_31.png


本当に実行して良いか尋ねられます。
「はい」を選択して、インストールを実行します。
105_32.png


インストールが始まりました。
「次へ」を選択します。
105_33.png


インストールするフォルダは特に変更せずに「次へ」を選択しました。
105_34.png


「デスクトップ上にアイコンを作成する」にチェックがついた状態のまま次へ。
105_35.png


確認画面が表示されますので、「インストール」を押してインストールを実行します。
105_36.png


インストールが終了しました。
「完了」を押して、画面を終了します。
105_37.png


デスクトップに鳥のアイコンが増えていると思います。
105_38.png


アイコンをダブルクリックして起動してみます。
こんな画面が表示されたら、インストール成功です。
105_39.png







アップデートの実行



インストーラーで公開されているのは、古いバージョンとなっています。
オンラインアップデートを実行して、最新バージョンにします。

左下のウインドウマークをクリックして「全てのプログラム」を選択。
[給管鳥6]-[給管鳥オンラインアップデート]をクリックします。

105_40.png


こんな画面が表示されるので、「アップデート実行」をクリック。
105_41.png


オンラインアップデートを実行して良いか尋ねられます。
「はい」を選択して、アップデートを実行します。
105_42.png


アップデート完了です。
「OK」を押して、アップデートツールを終了します。
105_43.png


アップデート後、給管鳥を起動するとマスターデータの更新が行われます。
105_44.png


画面の左側に表示されているバージョンが上がりました。
105_45.png





とりあえず、これで給管鳥のインストールは完了です。
次は、使い方についてのメモを書きたいと思います。






関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/08/12(日) 18:56:00|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<pysmbを使用し、Debian + pythonからWindows共有フォルダにアクセスする | ホーム | Symfowareのテーブル、DSO、DSI、スペースの作成補助>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/998-c838e82a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)