Symfoware

Symfowareについての考察blog

Arch LinuxにTomcat7をインストールする

JavaとTomcatのインストール



Javaはopenjdkを使用することにしました。
pacmanでインストール


# pacman -S jdk7-openjdk




インストールできたかバージョンを確認してみます。


# java -version
java version "1.7.0_03-icedtea"
OpenJDK Runtime Environment (IcedTea7 2.1) (ArchLinux build 7.b147_2.1-3-i686)
OpenJDK Client VM (build 22.0-b10, mixed mode)





続いてTomcat7をインストール。


# pacman -S tomcat7




インストールが終わったら、Tomcatを起動。


# rc.d start tomcat7



たったこれだけでインストールと起動が行えました。
http://[サーバーIP]:8080/にアクセスしてみると、見慣れた画面が表示されます。

58_001.png




なんて簡単。






自動起動設定




/etc/rc.conf をエディタで開きます。


# vi /etc/rc.conf




DAEMONSにtomcat7を指定。


# DAEMONS
# -------
#
DAEMONS=(syslog-ng network crond sshd tomcat7)




たったこれだけ。






管理者パスワードの指定



Server StatusやManager Appを表示しようとすると、パスワードを尋ねられると思います。
このパスワードは/etc/tomcat7/tomcat-users.xmlに記載してやります。

tomcat-users.xmlにtomcat-usersというタグがあると思うので、その中身を変更。

<?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
<tomcat-users>
<role rolename="tomcat"/>
<role rolename="manager-gui"/>
<role rolename="manager-script"/>
<role rolename="manager-jmx"/>
<role rolename="manager-status"/>
<role rolename="admin-gui"/>
<role rolename="admin-script"/>
<user username="tomcat" password="[CHANGE_ME]" roles="tomcat"/>
<user username="manager" password="[CHANGE_ME]" roles="manager-gui,manager-script,manager-jmx,manager-status"/>
<user username="admin" password="[CHANGE_ME]" roles="admin-gui"/>
</tomcat-users>






編集がおわったら、tomcatを再起動します。


# rc.d restart tomcat7





これで、「Server Status」と「Manager App」は、ユーザー名「manager」、
「Host Manager」はユーザー名「admin」でログインできるかと思います。




【参考URL】

https://wiki.archlinux.org/index.php/Java

https://wiki.archlinux.org/index.php/Tomcat
関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/05/03(木) 18:33:07|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Arch LinuxにRedisをインストールする | ホーム | Arch Linuxにnginx + php-fpm + mysqlの環境を作成する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/934-02839398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)