Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 10.10からUbuntu 11.04にアップグレードすると、Eclipseの起動時にエラーが発生する

Ubuntu 10.10からUbuntu 11.04にアップグレードしたのですが、Ubuntu 10.10の時に
インストールしたEclipseを起動しようとすると、エラーが発生します。

※ちなみに、Ubuntu 10.10へのEclipseのインストールはこちら。
Ubuntu 10.10にEclipse(pleiades)をインストールする



最初のエラーは


An error has occurred. See the log file ...



14_001_20110501144411.png



もう一つのエラーは


Pleiadesでエラーが発生しました。

リソースのロードに失敗しました。
原因:java.lang.NoSuchMethodError: jp.sourceforge.mergedoc.pleiades.resource.AbstractTranslationDictionary$1
.<init>(Ljp/sourceforge/mergedoc/pleiades/resource/AbstractTranslationDictionary;)V

詳細は以下のログ・ファイルを参照してください。
/home/user/.eclipse/jp.sourcefoge.mergedoc.pleiades/-user-lib-eclipse/pleiades.log





どうも、pleiades.jarの配置場所が11.04で変更になったようです。


Alt + F2を押すとコマンドの実行画面が表示されます。
かっこよくなりましたね。


gksu gedit /etc/eclipse.ini



と入力して実行。

14_002_20110501144411.png


管理者パスワードの入力を求められるので入力すると、geditが表示されます。


10.10の時、ファイルの末尾に追加した行

-javaagent:/usr/lib/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar


をコメントし、


-javaagent:/usr/share/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar


という記述を追加します。

14_003_20110501144411.png


ファイルを保存した後、再度Alt + F2を押して、


eclipse -clean



を実行。

14_004_20110501144411.png



これで日本語化された状態でEclipseが起動できました。
次の起動からは、通常どおり起動してOKです。

Ubuntu 10.10の頃からあったのかもしれませんが、キーボードのWindowsキーを押すと、
アプリケーションを起動するランチャが表示されます。

ecぐらいまで入力すればEclipseが単件で表示されるので、そのままエンターを押して
Eclipseを起動するのがてっとりばやいかと思います。


14_005.png



関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/05/01(日) 14:45:27|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Google Chart APIを使用して携帯電話のアドレス帳登録用QRコードを生成する | ホーム | Ubuntu 10.10から11.04へアップグレードしたときの注意点>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/765-aa2a2963
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)