Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 10.10から11.04へアップグレードしたときの注意点

日本語Remix CDからインストールしたUbuntu 10.10を使用しています。
今回、11.04へアップグレードしてみました。

というか、11.04へのアップグレードをおこないますか?というボタンを勢いで
押してしまっただけなのですが。


11.04へのアップグレード



ソフトウェアの更新で11.04へアップグレードの通知が出ていたので、
アップグレードをするを選択しました。
※ハードコピーとり忘れ。


本当にアップグレードを行うかの確認画面が表示されるので、
「アップグレードを開始」を選択します。

13_001_20110501135249.png


アップグレード中はこんな感じ。

13_002_20110501135248.png


インストール済みのソフトの数にもよると思いますが、私の環境では
1時間30分程度でアップグレードが完了しました。






LibreOfficeの文字化け対応



オフィスソフトがOpenOfficeからLibreOfficeに変更になっています。
試しに起動してみると、メニューが見事に文字化けしていました。

13_003_20110501135248.png


普段使わないので、このままでもよかったのですがせっかくなので。

libre office の文字化け
「LibreOffice」をPPAで導入。日本語環境で使えるようにする。

こちらを参考にさせていただきました。



左のメニューにある「アプリケーション」を選択。

13_004_20110501135248.png


「テーマ・設定」にある「システムの設定」を選択。

13_005_20110501135248.png


コントロールセンターの画面が表示されます。
「外観の設定」を選択。

13_006.png


外観の設定のフォントタブを表示します。

13_007.png


使用するフォントを以下のように変更します。

13_008.png


日本語の文字化けが解消されました。

13_009.png





サウンド設定の変更



Ubuntu 10.10でFlashの再生や音声出力に異常がある場合の対処法

10.10の時には「Analog Suround 4.0 Output」に変更して音が出るようになったのですが、
11.04だと逆に「Analog Stereo Duplex」に戻さないと音が出ませんでした。

しかし、10.10の時よりも安定した音声出力になったような気がします。
これはしばらく様子見で。







軽く触ってみた感想



最初、左側のツールバーがずっと表示されると思っていたのですが

13_010.png


アプリケーションを全画面表示にすると隠れてくれて、左側にマウスポインタを
持っていった時だけ表示されます。

13_011.png


アプリケーションを全画面表示にしたときに使える領域が広くなっているので、
ネットブックなど、小さな画面の端末は画面を有効に使えるのかなと思います。


メニューの表示方法ががらっと変わっているので、システムの設定画面などを
表示したいとき探してしまいますが、まあ慣れの問題だと思います。

個人的にはとても気に入ってます。





関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/05/01(日) 13:56:04|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Ubuntu 10.10からUbuntu 11.04にアップグレードすると、Eclipseの起動時にエラーが発生する | ホーム | 「形式:u-law 属性:8kHz.8ビット.モノラル」の音声ファイルへの変換手順>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/764-4bcabb1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)