Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 10.10 + VirtualBoxでWindows Server 2008 R2を仮想OSとして作成

特価で購入したHP ProLiant ML115 G5にメモリを増設して使用しています。
(CPUはデフォルトのまま)

CPUは64bitですが、Ubuntu 10.10 Desktopをインストールしているので、
VirtualBoxの仮想OSは32bitしか作れないだろうと勝手に思っていたのですが・・・

VirtualBoxの設定画面をみると

12_001_20110426230548.png


あれ?64bitが選択できる。


でも、設定があるだけで実際に64bitのOSを入れようとしたらインストール時に
止められるでしょ。
試しに、Windows Server 2008 R2の評価版をインストールしてみたら、

12_002_20110426230548.png

無事インストールできました。


Windows Server 2008 R2のテスト環境はESXiに作るしかないと思っていたのですが、
どうやらクライアントだけで完結できそうです。


いや、思い込みって怖いです。




関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/04/26(火) 23:07:33|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Pythonで一時ファイル作成(tempfile) | ホーム | Ubuntu 10.10でESXiの管理ツール「vSphere Client」を動かす>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/761-d518fe97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)