Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 10.10でESXiの管理ツール「vSphere Client」を動かす

最初に謝っておきますと、本当はUbuntu + WineでvSphere Clientを動かしてやろうと
チャレンジしていました。
インストールとツールの起動(ログイン画面の表示)までは確認できたのですが、
ログイン後にエラーが発生して動かせませんでした。

かと言って、せっかくUSBメモリにインストールしたESXiを捨てるのも忍びないので、
UbuntuのVirtualBoxにインストールしたWindows XPにvSphere Clientをインストールします。

過去の記事はこちら。

HP ML115にVMware ESXi 4.1をUSBメモリインストール
Ubuntu 10.10にVirtualBoxをインストールする





ツールのダウンロードとインストール



ブラウザでhttps://[ESXiサーバーのIP]/を表示すると、こんな画面が表示されます。
「Download vShere Client」のリンクからVMware-viclient-all-4.1.0-345043.exeを
ダウンロードし、実行します。

11_001_20110426212314.png

基本的にデフォルトのままインストールを実行すればOKです。


※.NET Framework 3.0 SP1が入っていない場合は、同時にインストールが行われるため、
インストールにはそれなりに時間がかかります。






ツールの起動とログイン



インストールが終わるとデスクトップに「VMware vSphere Client」というショートカットが
作成されテイルと思います。

ダブルクリックして起動すると、ログイン画面が表示されます。

11_002_20110426212314.png

IPアドレスはESXiサーバーのIP、ユーザー名は「root」、パスワードは設定した覚えが
なければ空白のままでログインできると思います。


セキュリティの警告が表示されますが、無視を選択します。

11_003_20110426212314.png


ライセンスの期限が切れるよというメッセージが表示されますが、一旦OKを押します。

11_004_20110426212313.png


インベントリを選択

11_005.png


「構成」タブを選択し、左側の「ソフトウェア」の項目にある「ライセンス機能」を選択。
右上の「編集」をクリックします。

11_006.png


「このホストに新しいライセンスキーを割り当て」を選択し、「キーを入力」を押します。

11_007.png

ここに、ESXiのインストーラーをダウンロードした時に取得したライセンスキーを入力します。
HP ML115にVMware ESXi 4.1をUSBメモリインストール

11_008.png

これでライセンスの警告は表示されなくなったと思います。





ストレージの追加



ESXiをUSBメモリにインストールしている場合は、仮想OSを作成するためのストレージ領域が
初期状態で存在しないようです。

「構成」タブを選択し、「ハードウェア」の項目にある「ストレージ」を選択します。
右上にある「ストレージの追加」をクリックします。

11_009.png


ストレージの追加ウィザードが始まります。
ストレージタイプに「ディスク/LAN」を選択して次へ。

11_010.png


接続しているHDDが表示されます。
ストレージとして追加するディスクを選択して次へ。

11_011.png


追加するディスクの確認画面が表示されるので、内容を確認して次へ。

11_012.png


この領域の領域の名前を適当につけます。

11_013.png


最大ファイルサイズの選択画面が表示されます。
デフォルトの「256GB,ブロックサイズ1MB」にしました。

11_014.png


ストレージ追加の確認画面が表示されます。
「終了」を押して、ストレージの追加を実行します。

11_015.png


無事ストレージの追加が行えました。

11_016.png



ちなみに、作業しているUbuntuのデスクトップはこんな光景です。

11_017.png


今度、この領域に仮想OSを作成してみます。

関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/04/26(火) 21:29:37|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Ubuntu 10.10 + VirtualBoxでWindows Server 2008 R2を仮想OSとして作成 | ホーム | Ubuntu 10.10にVirtualBoxをインストールする>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/760-e0b33750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)