Symfoware

Symfowareについての考察blog

Eclipse プラグインの削除方法

以前、「run-jetty-run」というプラグインの旧バージョンを
インストールしてしまい、新バージョンを上書きインストールしようとしたら、
プラグインの挙動がおかしくなってしまいました。

Jettyのインストールと、Eclipseプラグインの設定(run-jetty-run) その2

このときは、プラグインのアンインストール方法がわからず、
Eclipseごと再インストールしたのですが、やっと見つけました。




Eclipseのメニューの[ヘルプ]-[Eclipseプラットフォームについて]を選択。

01_001_20101104125544.png


プラットフォームの詳細を表示する画面が表示されます。
画面下の「インストール詳細」ボタンを押下。

01_002_20101104125544.png


インストール済みのソフトウエア一覧が表示されます。
ここにプラグインの情報も表示されるようです。

「Run Jetty Run Feature」を選択して、「アンインストール」ボタンを押下。

01_003_20101104125544.png


アンインストールの確認画面が表示されます。
「完了」ボタンを押下して、アンインストール実行。

01_004_20101104125544.png


アンインストールが完了すると、Eclipseの再始動を求められます。
「今すぐ再始動」を選択。

01_005_20101104125544.png



再始動後、改めてrun-jetty-runプラグインのインストールを行なうと、
ちゃんと動いてくれました。

最新版プラグインについてはこちら。
Jettyのインストールと、Eclipseプラグインの設定(run-jetty-run) その2








関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2010/11/04(木) 12:56:35|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Google Web Toolkit 2.1 チュートリアル6 GWTアプリケーションのデバッグ | ホーム | Google Web Toolkit 2.1 チュートリアル5 クライアントでの処理実行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/635-a72a3915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)