Symfoware

Symfowareについての考察blog

Redis Command - SRANDMEMBER(指定したキーのセットからランダムに値を取得)

RedisのSRANDMEMBERについてメモ。

※ネタ元
http://code.google.com/p/redis/wiki/CommandReference
一覧はこちら
Redis コマンド一覧



SRANDMEMBER



指定したキーのセットの要素からランダムに1つ値を取得します。


srandmember [キー]




「key_t」に「v1」「v2」「v3」という要素を追加しておきます。


redis> sadd key_t v1
(integer) 1
redis> sadd key_t v2
(integer) 1
redis> sadd key_t v3
(integer) 1




srandmemberでランダムに値が取得されると思います。


redis> srandmember key_t
"v1"
redis> srandmember key_t
"v1"
redis> srandmember key_t
"v2"
redis> srandmember key_t
"v3"
redis> srandmember key_t
"v2"
redis> srandmember key_t
"v3"
redis> srandmember key_t
"v2"











関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2010/09/16(木) 18:00:13|
  2. Redis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<ExcelのVBAでJSON形式のデータを解析する | ホーム | Redis Command - SMEMBERS(指定したキーのセットの内容を取得)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/578-e2fe7d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)