Symfoware

Symfowareについての考察blog

Voldemortをjmxでリモート監視する

Cassandraをインストールして動かしたとき、Jconsoleを使用して
監視してみました。
Cassandraの状態をJconsoleを使用して監視する


Voldemortにも同様のことが出来そうなので、調べてみました。




設定ファイルの編集



デフォルトでは、外部からjmxの機能に接続できませんでした。

JMX を使用する監視と管理
ここを参考に、Voldemortの起動スクリプトを編集します。


# vi bin/voldemort-server.sh




起動スクリプトの末尾のほうに


if [ -z $VOLD_OPTS ]; then
  VOLD_OPTS="-Xmx2G -server -Dcom.sun.management.jmxremote"
fi



こんな記載があると思います。
これを、以下のように編集します。
※ポート番号は適当です。


if [ -z $VOLD_OPTS ]; then
  VOLD_OPTS="-Xmx2G -server -Dcom.sun.management.jmxremote.port=8080 -Dcom.sun.management.jmxremote.ssl=false -Dcom.sun.management.jmxremote.authenticate=false"
fi







Jconsoleからの接続



接続する文字列は、Cassandraのときと同じく、


service:jmx:rmi:///jndi/rmi://[サーバーのIP]:8080/jmxrmi


でOKです。


接続してみると、こんな感じでメモリーやCPUの状況、ロードされているクラスなどが
確認できます。

02_001_20100416173237.png





関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2010/04/27(火) 12:11:12|
  2. Voldemort
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<JDBC over Thriftを作成する その3(Connectionクラスの実装) | ホーム | VoldemortにPythonから登録したThrift形式のデータをJavaで取得する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/390-66ebc4e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)