Symfoware

Symfowareについての考察blog

Debian wget、apt-get、easy_install、svn、mercurialのproxy設定方法

proxyが必要な環境で、モジュールのダウンロードやインストールを
行おうとすると、設定ファイルにproxyの設定が必要になります。

これがまた、一箇所に設定すればOKではなく、それぞれのツールにより
設定するファイルがことなるので厄介です。

いつも調べまわっているので、自分用のメモとしてまとめておきます。



wget



# vi /etc/wgetrc


http_proxy = http://[プロキシのIP]:[プロキシのポート]/



※コメントアウトされているので、コメントをはずして設定




apt-get



# vi /etc/apt/apt.conf


Acquire::http::Proxy "http://[プロキシのIP]:[プロキシのポート]/";






easy_install



# vi ~/.bash_profile


export HTTP_PROXY=http://[プロキシのIP]:[プロキシのポート]
export HTTPS_PROXY=http://[プロキシのIP]:[プロキシのポート]






svn



# vi ~/.subversion/servers


[global]
http-proxy-exception = プロキシを通さないホスト名
http-proxy-host = プロキシのIP
http-proxy-port = プロキシのポート



※コメントアウトされているので、コメントをはずして設定




mercurial(hg)




# vi ~/.hgrc


[http_proxy]
host = [プロキシのIP]:[プロキシのポート]






関連記事
  1. 2010/01/20(水) 12:13:21|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
  5. | 編集
<<Debianでsvg形式の画像ファイルをpngに変換する(convertとrsvg-convert) | ホーム | 分散データベース管理システムCassandraをDebianで動作させる>>

コメント

mercurial での proxy 設定

MercurialのHTTP接続は、Python の標準ライブラリである urllib2 をそ
のまま使用しているので、easy_install と同様に HTTP_PROXY 環境変数
設定が機能する筈です。

ブログエントリを書かれた時点では、何らかの(Mercurial側の)問題で機
能していなかった可能性はありますが、検索でたどり着いて後から読まれ
る方も居られると思いますので念のため。

[http_proxy] host 設定は、 LC_CTYPEに対するHGENCODINGのように、他
のpython実装コマンドとは独立してmercurialだけ設定を変更できるよう
にするための措置だと思います。
  1. 2013/05/01(水) 15:56:10 |
  2. URL |
  3. 藤原克則 #/rX9PvWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/287-7844f178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)