Symfoware

Symfowareについての考察blog

軽量Webサーバー Mongoose をDebianにインストールする

以前、軽量Webサーバー MongooseをWindowsにインストールし、
WebDBtoolsを動かしてみました。

Mongoose
http://code.google.com/p/mongoose/

mongooseでcgi(WebDBtools)を動かす
http://symfoware.blog68.fc2.com/blog-entry-94.html


普段はWebサーバーに
結構本気モード:Apache
テストモード:nginx
という使い分けを行っているのですが、これに加え
ちょっと動かしてみるモード:Mongoose
という分類を加えてみたいと思います。

以前はWindowsで動かしましたが、今回はDebianにインストールしてみました。



モジュールのダウンロードとビルド



サイトからモジュールをダウンロードし、ビルドします。


# cd /usr/local/src/
# wget http://mongoose.googlecode.com/files/mongoose-2.8.tgz
# tar zxvf mongoose-2.8.tgz
# cd mongoose



./configureは存在しません。
Makefileがありますので、makeすると・・・


# make
make (linux|bsd|solaris|mac|windows|mingw)



OSを選択する必要があるみたい。

# make linux


でビルドされました。

また、make installはありません。
mongooseというバイナリが生成されますので、これを実行すれば起動します。



起動確認



/usr/local/srcに置いておくのもなんなので、
/usr/local/mongooseに移動することにします。


# mkdir /usr/local/mongoose
# cp mongoose /usr/local/mongoose/
# cd /usr/local/mongoose/



起動してみます。
デフォルトで8080ポートを使用しますので、Tomcat等8080ポートを使用している
アプリケーションがあれば、事前に終了しておきます。

ちなみに既に8080ポートで起動しているアプリケーションが存在する場合には

[1255335917] [error] [client 0.0.0.0] mg_open_listening_port(8080): Address already in use
[1255335917] [error] [client 0.0.0.0] cannot bind to 8080
[1255335917] [error] [client 0.0.0.0] mg_set_option(ports): failure


こんなエラーが出力され、起動に失敗します。

ちゃんと起動すると、こんなメッセージが表示されます。

# ./mongoose
Mongoose 2.8 started on port(s) [8080], serving directory [/usr/local/mongoose]




ブラウザで
http://[mongooseサーバー]:8080/
にアクセスすると、こんな画面が表示されます。

mon_01_01.png





関連記事
  1. 2009/11/13(金) 12:10:41|
  2. Mongoose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<軽量Webサーバー Mongoose 設定ファイルの作成 | ホーム | SolrのDataImportHandlerを使用して、DB2のデータを取り込む>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/215-c1d10b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)