Symfoware

Symfowareについての考察blog

Oracle 11g XE ユーザー(スキーマ)とテーブルの作成

Ubuntu 16.04にOracle 11g XEをインストールしました。
Ubuntu Server 16.04にOracle Database Express Edition 11g Release 2をインストール

テスト用のユーザーやテーブルを作成してみます。



スペースとユーザーの作成



Oracle、久しぶりに触るので完全に忘れています。
過去の記事を参考にしました。
Oracle xe universal 10g R2 ユーザー(スキーマ)とテーブルの作成


データを保存するディレクトリを作成。


$ sudo mkdir -p /usr/lib/oracle/xe/
$ sudo chmod 777 /usr/lib/oracle/xe/




sqlplusでデータベースに接続。


$ sqlplus sys/Passw0rd@xe as sysdba




テーブルスペースとテンポラリスペースを作成します。


###スペース作成
CREATE TABLESPACE TEST
DATAFILE '/usr/lib/oracle/xe/TEST.dbf' SIZE 100M
SEGMENT SPACE MANAGEMENT AUTO;

###テンポラリスペース作成
CREATE TEMPORARY TABLESPACE TESTTEMP
TEMPFILE '/usr/lib/oracle/xe/TESTTEMP.dbf' SIZE 100M
AUTOEXTEND ON;



801_01.png


引き続き、ユーザー(今回はorauser)を作成しました。


###ユーザー作成
CREATE USER orauser
identified by Passw0rd
default tablespace TEST
temporary tablespace TESTTEMP;

###権限付与
grant connect to orauser;
grant resource to orauser;



801_02.png


作成したユーザーで接続できるか試してみます。


$ sqlplus orauser/Passw0rd@xe



801_03.png

いい感じです。




テーブルの作成



せっかくなのでテーブルも作成してみます。


CREATE TABLE sample (
id int not null,
val varchar(100) not null
);



801_04.png


登録と検索をテスト。


INSERT INTO sample (id, val) VALUES (1, '登録テスト');
SELECT * FROM sample;



801_05.png

関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/11/07(火) 23:23:06|
  2. Oracle
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Oracle 11g XEへJava(JDBC)で接続 | ホーム | Ubuntu Server 16.04にOracle Database Express Edition 11g Release 2をインストール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/2064-2fa0076c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)