Symfoware

Symfowareについての考察blog

XMLデータベース eXistにJavaから接続する

eXistのセットアップを行い、bookコレクションを作成しました。

XMLデータベース eXistをDebian + Tomcat環境にインストール
http://symfoware.blog68.fc2.com/blog-entry-199.html

このコレクションに接続してみます。


依存ライブラリ



XML:DB APIを使用して接続するのですが、複数のライブラリに依存しています。
入手元は、前回exist.warをtomcatに展開してもらってますので、
tomcatのwebapps/exist/WEB-INF/libからとりました。

コピーしてくるjarファイルは、以下の6つ
・exist.jar
・log4j-1.2.15.jar
・ws-commons-util-1.0.2.jar
・xmldb.jar
・xmlrpc-client-3.1.1.jar
・xmlrpc-common-3.1.1.jar

このファイルをコピーし、Javaのビルドパスに含めます。

001_20090927203311.png



接続サンプルプログラム



org.exist.xmldb.DatabaseImpl
このクラスをロードして、使用します。

コレクションへの接続文字列は
xmldb:exist://[existへのアドレス]/xmlrpc/db/[コレクション名]
となります。
例)
xmldb:exist://192.168.1.251:8080/exist/xmlrpc/db/book


サンプルはこんな感じ。


import org.xmldb.api.DatabaseManager;
import org.xmldb.api.base.Collection;
import org.xmldb.api.base.Database;

public class Sample {
    public static void main(String[] args) {
        try {
            Class clazz = Class.forName("org.exist.xmldb.DatabaseImpl");
            Database database = (Database) clazz.newInstance();
            DatabaseManager.registerDatabase(database);

            Collection col = DatabaseManager.getCollection(
             "xmldb:exist://192.168.1.251:8080/exist/xmlrpc/db/book","admin","");
            
            col.close();
            
            System.out.println("接続成功");

        } catch (Exception e){
            e.printStackTrace();
        }
    }
}



このサンプルで接続が確認できました。


【参考URL】
Developer's Guide 1. Writing Java Applications with the XML:DB API
http://exist.sourceforge.net/devguide_xmldb.html




関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/11/01(日) 12:31:24|
  2. eXist
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<XMLデータベース eXistにJavaからデータを登録する | ホーム | XMLデータベース eXistをDebian + Tomcat環境にインストール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/200-f5c73fbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)