Symfoware

Symfowareについての考察blog

OpenCV 3.2をDebian 8にインストールする

OpenCV
2017.1.22時点で最新版の3.2をDebian 8にインストールしてみます。



インストールスクリプト



ソースからビルドしてインストールします。
・・・が依存しているライブラリが多く、インストールは結構面倒なようです。

調べてみると、親切な方がインストールスクリプトを公開してくださっています。
http://milq.github.io/install-opencv-ubuntu-debian/

これを使わせていただくことにしました。


まず、実行に必要なライブラリをインストール。


# apt-get install sudo wget




apt版のopencvがインストールされている場合は、事前に削除しておきます。


# apt-get autoremove libopencv-dev python-opencv




インストールスクリプトをダウンロードして実行。


# cd /usr/local/src/
# wget --no-check-certificate https://raw.githubusercontent.com/milq/scripts-ubuntu-debian/master/install-opencv.sh
# chmod +x install-opencv.sh
# ./install-opencv.sh



これでインストール完了です。
※私の環境では、インストールに20分程度必要でした




Pythonから呼び出しとバージョン確認



Python2からcv2をインポート。
バージョンを確認してみます。


# python
Python 2.7.9 (default, Jun 29 2016, 13:08:31)
[GCC 4.9.2] on linux2
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import cv2
>>> cv2.__version__
'3.2.0'




Python3も同様に試してみます。


# python3
Python 3.4.2 (default, Oct 8 2014, 10:45:20)
[GCC 4.9.1] on linux
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import cv2
>>> cv2.__version__
'3.2.0'




ちゃんとインポートできていますね。


関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/01/22(日) 22:40:15|
  2. Python
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<MariaDB 10.0で絵文字の寿司ビール問題に対応する | ホーム | 汎用SQLクライアント「DBeaver」を Ubuntu 16.04へインストール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1951-b9ee9e39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)