Symfoware

Symfowareについての考察blog

Windows Server 2016にActiveDirectoryの機能を追加

Windows Server 2016をドメインコントローラーにし、
ActiveDirectoryサーバーとして稼働させる手順です。


事前準備



IPアドレスはDHCP配布ではなく、固定IPに変更しておきました。

716_01.png




Active Directoryドメインサービスの追加




サーバーマネージャーから[管理]-[役割と機能の追加]を選択します。

716_02.png


「役割と機能の追加ウィザード」が始まります。
次へをクリック。

716_03.png


「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選択して次へ。

716_04.png


インストール対象のサーバーが選択されていることを確認して次へ。

716_05.png


サーバーの役割の選択画面が表示されます。
「Active Directory ドメインサービス」にチェックをつけます。

716_06.png


チェックをつけようとすると、Active Directoryドメインサービスに必要な機能も
合わせて追加するかの確認ダイアログが表示されます。

「機能の追加」をクリックします。

716_07.png


「Active Directory ドメインサービス」にチェックが付いていることを確認して次へ。

716_08.png


機能の選択画面で追加するものはありません。
そのまま次へをクリック。

716_09.png


Active Directoryドメインサービスについての説明が表示されます。
次へをクリックします。

716_10.png


インストールの確認画面が表示されます。
「インストール」をクリックして処理を実行します。

716_11.png


インストール中...

716_12.png


インストールが完了しました。
本来であれば「このサーバーをドメインコントローラーに昇格する」のリンクを
クリックすればよいのですが、閉じるで終了してしまいました。

716_13.png


ウィザードを終了させた場合、サーバーマネージャーの通知に「展開後構成」として
「このサーバーをドメインコントローラーに昇格する」のリンクが表示されます。
クリックしてドメインコントローラーへの昇格作業を開始します。

716_14.png





ドメインの設定



「Active Directory ドメインサービス構成ウィザード」の画面が表示されたら、
構成するドメインの名前を設定します。

ネットワーク上に新しいドメインを構成する場合は、一番下の「新しいフォレストを追加する」を選択。
ルートドメイン名を入力します。

ローカルエリアネットワーク内でドメインを構成する場合は、


[ドメイン名].local



のように、「.local」をつけるのが通例です。
今回は「test.local」というドメイン名にしました。


716_15.png


ドメインコントローラーのオプション設定です。
パスワードの入力を求められますが、これは復旧用のパスワードです。
ログイン時のAdministratorパスワードではありません。新規に適当なパスワードを設定します。

716_16.png



DNSオプション画面では、
「権限のある親ゾーンが見つからないか、Windows DNSサーバーが実行されていないため...」
という警告が表示されます。

このサーバーが、ネットワーク内で初めてのDNSサーバーになるため、この警告が表示されます。
そのまま「次へ」をクリックします。

716_17.png


追加オプションでドメインに割り当てられるNetBIOS名が表示されます。
これは自動で設定されます。

716_18.png


各種データの保存パスです。
デフォルトのまま次へ進みました。

716_19.png


ウィザードで設定してきた値の確認画面です。
問題がなければ次へ。

716_20.png


インストールの前提条件のチェックが行われます。
色々警告が表示されますが、互換性の確認であったり、後ほど修正可能な項目だったりなので
「インストール」をクリックして処理を開始します。

716_21.png


インストールが終了すると、強制的に再起動が実行されます。
「閉じる」をクリックして再起動を実行します。

716_22.png


再起動後のログイン画面では、ユーザー名が[ドメイン名]\Administratorとなりました。
パスワードは、昇格前のAdministratorパスワードを入力します。
※「ディレクトリサービス復元モード(DSRM)のパスワード」で入力したものではありあせん。

716_23.png


サーバーマネージャーに「AD DS」と「DNS」の項目が追加されました。

716_24.png


次はWindows 10の端末を用意し、このドメインへの参加を試してみたいと思います。



関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/10/06(木) 23:56:05|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Windows 10をWindows Server 2016ドメインに参加させる | ホーム | Windows Server 2016 ASP.NET aspxページでSQL Server 2016に接続する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1933-32c5722c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)