Symfoware

Symfowareについての考察blog

Cassandra 3.7をDebian 8.5(jessie)にaptでインストールする

久しぶりにCassandraを触ってみようと思います。
http://cassandra.apache.org/

以前触った時は、バージョン0.4.2でしたが今は3.7までバージョンが上がっていました。
Debin 8(jessie)にaptでインストールしてみます。


OpenJDK 8のインストール



cassandraのインストールにはOpenJDK 8が必要です。
インストール時にこんなエラーが発生しました。


# apt-get install cassandra
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
インストールすることができないパッケージがありました。おそらく、あり得
ない状況を要求したか、(不安定版ディストリビューションを使用しているの
であれば) 必要なパッケージがまだ作成されていなかったり Incoming から移
動されていないことが考えられます。
以下の情報がこの問題を解決するために役立つかもしれません:

以下のパッケージには満たせない依存関係があります:
cassandra : 依存: openjdk-8-jre-headless しかし、インストールすることができません または
                     java8-runtime しかし、インストールすることができません
             推奨: ntp しかし、インストールされようとしていません または
                     time-daemon
E: 問題を解決することができません。壊れた変更禁止パッケージがあります。




先にOpenJDK 8をインストールしておきます。
Debian 8(jessie)にOpenJDK 8をインストールする


/etc/apt/sources.list.d/openjdk.listを作成。


# vi /etc/apt/sources.list.d/openjdk.list




ファイルにOpenJDK 8のリポジトリを記載します。


deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ jessie-backports main




ファイルを作成したら、update, installを実行します。


# apt-get update
# apt-get install openjdk-8-jdk




OpenJDK 1.8.0_102がインストールできました。


# java -version
openjdk version "1.8.0_102"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_102-8u102-b14.1-1~bpo8+1-b14)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.102-b14, mixed mode)







cassandraのインストール



こちらを参考にインストールを行います。
http://cassandra.apache.org/download/

/etc/apt/sources.list.d/cassandra.listというファイルを作成。
リポジトリのパスを記載します。


# vi /etc/apt/sources.list.d/cassandra.list




記載する書式は以下のとおりです。
[release series]の箇所にインストールしたいcassandraのバージョンを記載します。


deb http://www.apache.org/dist/cassandra/debian [release series] main
deb-src http://www.apache.org/dist/cassandra/debian [release series] main




バージョン名は、このURLで公開されているディレクトリ名と対応しているようです。
http://dl.bintray.com/apache/cassandra/dists/

「3.7」をインストールしたい場合は「37x」と指定します。


deb http://www.apache.org/dist/cassandra/debian 37x main
deb-src http://www.apache.org/dist/cassandra/debian 37x main




ファイルを記載したら、認証キーを追加。


# gpg --keyserver pgp.mit.edu --recv-keys 0353B12C gpg --export --armor 0353B12C | apt-key add -



この後のapt-get updateで以下のエラーが発生する場合があります。


W: GPG エラー: http://www.apache.org 37x InRelease:
公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした: NO_PUBKEY 749D6EEC0353B12C



発生した場合は、以下のコマンドを実行します。
New Debian/Ubuntu Repository GPG Signer


# gpg --export --armor 749D6EEC0353B12C | apt-key add -




準備が終わったらupdateとインストールを実行します。


# apt-get update
# apt-get install cassandra




あっさりインストールできました。
起動状態を確認してみます。


# /etc/init.d/cassandra status
● cassandra.service - LSB: distributed storage system for structured data
Loaded: loaded (/etc/init.d/cassandra)
Active: active (running) since 木 2016-08-11 18:32:41 JST; 1min 13s ago
CGroup: /system.slice/cassandra.service
         └─10992 java -Xloggc:/var/log/cassandra/gc.log -ea -XX:+UseThreadP...



activeになっていますね。





クエリーの実行



cassandraの起動確認も兼ねて、クエリーを実行してみます。
Inserting and querying

インストール時、cqlshにパスを通してくれるので以下のコマンドでcqlshが起動します。


# cqlsh localhost
Connected to Test Cluster at localhost:9042.
[cqlsh 5.0.1 | Cassandra 3.7 | CQL spec 3.4.2 | Native protocol v4]
Use HELP for help.
cqlsh>




クエリーを実行してシステムの情報を表示してみます。


cqlsh> SELECT cluster_name, listen_address FROM system.local;

cluster_name | listen_address
--------------+----------------
Test Cluster |     127.0.0.1

(1 rows)



706_01.png

Test Clusterというクラスターがデフォルトで作成されるようです。
次は実際にデータの登録や検索を行ってみます。


関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/08/11(木) 19:40:47|
  2. Cassandra
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Cassandra 3.7 cqlshでテーブルを作成してデータの登録、検索 | ホーム | MariaDB 10のレプリケーション設定(Debian 8)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1916-f4cacff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)