Symfoware

Symfowareについての考察blog

Eclipse NeonにMercurialプラグイン(mercurialeclipse)をインストールする

Eclipse MarsにMercurialプラグインをインストールする

こちらの手順ではインストールできなくなっていたので改めてメモしておきます。


Mercurialのインストール



事前にMercurialをインストールしておきました。


$ sudo apt-get install mercurial





プラグインのインストール



プラグインの開発はbitbucketに移行したようです。
https://bitbucket.org/mercurialeclipse/main/wiki/Home

eclipseのメニューから[ヘルプ] - [Install New Software]を選択。
「追加」をクリックします。

705_01.png


名前は適当に「MercurialEclipse」
ロケーションは「https://bitbucket.org/mercurialeclipse/update-site/raw/default/」を指定します。

705_02.png


インストール可能なプラグインが表示されるので、
「MercurialEclipse Stable Release」を選択します。

705_03.png


あとはウィザードに従いインストール。

705_04.png

705_05.png

705_06.png

705_07.png


これでインポートのメニューにMercurialが追加されました。

705_08.png


関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/08/07(日) 22:35:13|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<MariaDB 10のレプリケーション設定(Debian 8) | ホーム | Ubuntu 16.04 eclipse neonのインストールと日本語化>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1914-29fa48a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)