Symfoware

Symfowareについての考察blog

Jenkins 2系インストール後、初回起動で「Unlock Jenkins」

以前行った手順で、Debian 8にaptでJenkins 2.11をインストールしたところ、
Debian 8にjenkinsをapt-getでインストール

初回起動後のセットアップが追加されていたのでメモしておきます。


Unlock Jenkins



Jenkinsインストール後、ブラウザでhttp://[サーバーIP]:8080を表示。
1系ならそのままJenkinsの画面が表示されていたと思うのですが、
「Unlock Jenkins」が表示されます。

697_01.png


画面の指示通り、サーバーの「/var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword」に
記載されているパスワードを確認。


# cat /var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword
543291672ca74c29a97dd1a10f6085dc



記載されているランダムな文字列をパスワードとして入力します。

697_02.png


これでJenkinsが使用できるようになりました。




Customize Jenkins



パスワードを入力すると、プラグインの追加画面が表示されます。
素直に左側の「Install suggested plugins」をクリックして、おすすめプラグインをインストールしました。

697_03.png

697_04.png



Create First Admin User



続いて、Admin Userの作成です。
適当なユーザーを作成しました。

697_05.png

697_06.png


これで見慣れたJenkinsのジョブ作成画面が表示されます。

697_07.png

関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/06/27(月) 22:28:44|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<JenkinsのジョブをPythonでリモートから実行する | ホーム | Debian + CodeIgniter 3でSQL Server 2016に接続する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1899-609ca2ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)