Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 16.04 KVMのインストールと、bridge接続の構成

Ubuntu 16.04にKVMをインストール。bridge接続の構成を行います。
Ubuntu 14.04の手順を参考にします。

Ubuntu 14.04にKVMをインストールし、bridge接続の設定を行う



KVMのインストール



aptでインストールしました。


$ sudo apt-get install kvm libvirt-bin bridge-utils virt-manager




libvirtdというグループが自動的に作成され、実行時のユーザーがグループに含まれているはずです。


$ cat /etc/group | grep libvirtd
libvirtd:x:132:baranche



※barancheが私のログインユーザー名





ネットワーク共有デバイスbr0の作成



私のKVMの使い方なのですが、ネットワーク接続にNATは使用せず共有デバイスしか使用していません。
NAT用のブリッジ接続「virbr0」がインストール時に自動作成されているはずです。

brctl showコマンドで確認します。


$ brctl show
bridge name    bridge id        STP enabled    interfaces
virbr0        8000.000000000000    yes        




以下の手順でvirbr0を削除しました。


$ sudo virsh net-autostart default --disable
ネットワーク default の自動起動設定が解除されました

$ sudo virsh net-destroy default
ネットワーク default は強制停止されました

$ brctl show
bridge name    bridge id





続いて共有デバイスを構成していきます。
ネットワークマネージャーが存在すると共有デバイスの設定が上書きされるので削除します。


$ sudo apt-get remove network-manager





既存のインターフェース名を確認しておきます。


$ ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
     valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
     valid_lft forever preferred_lft forever
2: enp5s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP group default qlen 1000
    link/ether 50:e5:49:be:f9:91 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.1.4/24 brd 192.168.1.255 scope global enp5s0
     valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 2403:7800:a2df:f600:52e5:49ff:febe:f991/64 scope global mngtmpaddr dynamic
     valid_lft 14271sec preferred_lft 14271sec
    inet6 fe80::52e5:49ff:febe:f991/64 scope link
     valid_lft forever preferred_lft forever




ネットワークの識別名、以前は「eth0」でしたが「enp5s0」のような値に変更されているようです。
これでちょっとハマりました。


/etc/network/interfacesのバックアップを作成して編集。


$ sudo cp /etc/network/interfaces /etc/network/interfaces.org
$ sudo vi /etc/network/interfaces




編集前の内容。


# interfaces(5) file used by ifup(8) and ifdown(8)
auto lo
iface lo inet loopback




以下の内容に変更。


# interfaces(5) file used by ifup(8) and ifdown(8)
auto lo
iface lo inet loopback

auto enp5s0
iface enp5s0 inet manual

auto br0
iface br0 inet dhcp
bridge_ports enp5s0
bridge_maxwait 0
bridge_df 0
bridge_stp off





設定が終わったら、構成確認の意味も込めてOSを再起動します。
再起動後、ip aの結果がこのようになっていれば構成は成功です。


$ ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
     valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
     valid_lft forever preferred_lft forever
2: enp5s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast master br0 state UP group default qlen 1000
    link/ether 50:e5:49:be:f9:91 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
3: br0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc noqueue state UP group default qlen 1000
    link/ether 50:e5:49:be:f9:91 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.1.4/24 brd 192.168.1.255 scope global br0
     valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 2403:7800:a2df:f600:d037:3d27:b3c4:4b0f/64 scope global temporary dynamic
     valid_lft 14105sec preferred_lft 14105sec
    inet6 2403:7800:a2df:f600:52e5:49ff:febe:f991/64 scope global mngtmpaddr dynamic
     valid_lft 14105sec preferred_lft 14105sec
    inet6 fe80::52e5:49ff:febe:f991/64 scope link
     valid_lft forever preferred_lft forever







仮想マシンマネージャー



仮想マシンを作成するため、仮想マシンマネージャーを起動してみます。


$ virt-manager




以前はここで追加パッケージのインストールを求められましたが、
Ubuntu 16.04ではすでにインストールされている模様。

あっさり起動しました。

686_01.png




ストレージの追加



仮想マシンのハードディスクイメージは別ドライブに保存したかったので、ストレージの追加を行います。
メニューの[編集] - [接続の詳細]を選択。
「QEMU/KVM接続の詳細」を表示します。

「ストレージ」タブを選択し、「+」ボタンをクリック。

686_02.png


適当に新しいストレージプール名を入力。

686_03.png


仮想ハードディスクのイメージを保存するパスを指定します。

686_04.png


これで新しいストレージプールが作成できました。

686_05.png




仮想マシンの作成



適当に仮想マシンを作成してみました。
ちゃんとネットワークの選択肢に「br0」が表示されていますね。

686_06.png


関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/05/01(日) 11:06:44|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Debian easy_installで[SSL: CERTIFICATE_VERIFY_FAILED] certificate verify failed (_ssl.c:581) | ホーム | Ubuntu 16.04 + geanyで「端末」タブが表示されない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1877-70464b7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)