Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 16.04をUSBメモリーからインストールする

Ubuntu 16.04が公開されました。
Ubuntu 14.04でUSBからブートできるインストーラーを作成し、インストールしてみます。


インストールイメージの取得



こちらからインストーラーのisoファイルをダウンロードします。
http://www.ubuntu.com/download/desktop

ubuntu-16.04-desktop-amd64.isoをダウンロードしました。



インストーラーの作成



※この作業はまだUbuntu14.04で行っています。

Dashで「ブータブル」と検索すると「ブータブルUSBの作成」が見つかると思います。

681_01.png


起動すると、ダウンロードしたisoイメージが自動的に選択状態となります。
USBメモリ(2GB以上あればOK?)を接続し、「ブータブルUSBの作成」をクリック。

この時、「シャットダウン時に、すべての変更を破棄する」を選択しておけば、
イメージの作成が高速になります。

681_02.png


私の環境では5〜10分程度でインストールイメージが出来上がりました。

681_03.png



インストール



USBメモリーを刺した状態でOSを起動。
BIOSの画面でブートメニューを表示します。
※私の環境ではF12キーでした。

選択肢の中から「USB-HDD」を選択すると、インストーラーが始まります。




gfxboot.c32: not a COM32R image



2台の端末でインストールを試して、1台だけ発生したので、端末の構成依存だと思いますが、
「gfxboot.c32: not a COM32R image」というエラーが発生して起動が行えませんでした。

Ubuntu 14.04 LTS live USB boot error (gfxboot.c32:not a valid COM32R image)

こちらを参考に・・・

ずっと「gfxboot.c32: not a COM32R image」というエラーが発生するので、
一回タブキーを押して、エラーを止める。


live
live-install
check
memtest
hd
mainmenu
help



のいずれかのコマンドを入力するようメッセージが表示されるので、


# live-install



を入力。
こうすると、無事インストーラーが起動してくれました。
関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/04/30(土) 21:11:19|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Ubuntu 16.04に窓使いの憂鬱をインストールする | ホーム | Python + Falconで高速APIサーバーを作成する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1872-faa5733b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)