Symfoware

Symfowareについての考察blog

lftp エラーになったら実行を中断する(cmd:fail-exit)

lftpでアップロードを実行する際エラーになったら停止したい。

以下の指定を行っておけばOKです。


set cmd:fail-exit yes




lftp 致命的エラー: Certificate verification: Not trusted

こちらと組み合わせて、設定ファイルは以下のようになりました。


set cmd:fail-exit yes
set ssl:verify-certificate no
set ftp:ssl-allow no
open ftpuser:password@ftp.server.local
mirror -v -e --exclude-glob *.log -X .svn/ -X logs/ -X tmp/ -R /var/www/test/website /var/www/website



エラー発生時処理停止。
SSL接続を使用しない
ユーザー:ftpuser、パスワード:passwordでftp.server.localに接続

-v:詳細表示あり
-e:存在しないファイルを削除
--exclude-glob *.log:拡張子「.log」のファイルは無視
-X .svn/:.svnディレクトリは無視
-X logs/:logsディレクトリは無視
-X tmp/:tmpディレクトリは無視
-R:ミラーリングアップロード

ローカルの「/var/www/test/website」をサーバーの「/var/www/website」に転送します。
関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/02/20(土) 17:12:50|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<MariaDB 10.1をAlpine Linuxにインストールする | ホーム | lftp 致命的エラー: Certificate verification: Not trusted>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1850-5c221484
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)