Symfoware

Symfowareについての考察blog

svn チェックアウトに使用したユーザー名、パスワードを保存する

やりたいこと

サーバーの/var/wwwにsvnの資産をチェックアウトしたい。
チェックアウトするOSユーザーは「www-data」にしたい。
svn updateするときは、SVNユーザー、パスワードの入力はスキップしたい。


チェックアウトのコマンド


$ sudo -u www-data svn checkout http://svnserver/release/www /var/www/svn-www



「暗号化されていないパスワードを保存しますか」でyesを選択。


アップデートのコマンド


$ sudo -u www-data svn update /var/www/svn-www



何回やってもupdate時に再度パスワードの確認が入ります。





SVNのパスワード保存ディレクトリ



メッセージはちゃんと読まないとダメですね。


-----------------------------------------------------------------------
ATTENTION! Your password for authentication realm:

can only be stored to disk unencrypted! You are advised to configure
your system so that Subversion can store passwords encrypted, if
possible. See the documentation for details.

You can avoid future appearances of this warning by setting the value
of the 'store-plaintext-passwords' option to either 'yes' or 'no' in
'/var/www/.subversion/servers'.
-----------------------------------------------------------------------
暗号化されていないパスワードを保存しますか (yes/no)? yes




/var/www/.subversion/serversに情報を保存しようとするのですが、
www-dataユーザーにディレクトリの作成権限が無いためパスワードが保存されていませんでした。

指定されているディレクトリを事前に作成。
所有者をwww-dataユーザーに変更します。


$ sudo mkdir /var/www/.subversion
$ sudo chown -R www-data:www-data /var/www/.subversion




改めてチェックアウト実行。


$ sudo -u www-data svn checkout http://svnserver/release/www /var/www/svn-www
'www-data' のパスワード:




一旦空白のままエンターキーを押し、別のユーザー入力にします。


ユーザ名: svnuser
'svnuser' のパスワード: ********

-----------------------------------------------------------------------
ATTENTION! Your password for authentication realm:

can only be stored to disk unencrypted! You are advised to configure
your system so that Subversion can store passwords encrypted, if
possible. See the documentation for details.

You can avoid future appearances of this warning by setting the value
of the 'store-plaintext-passwords' option to either 'yes' or 'no' in
'/var/www/.subversion/servers'.
-----------------------------------------------------------------------
暗号化されていないパスワードを保存しますか (yes/no)? yes




svn updateを実行。


$ sudo -u www-data svn update /var/www/svn-www




この時、ユーザーID、パスワードの入力は求められなくなっているはずです。
関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/02/20(土) 16:55:27|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<lftp 致命的エラー: Certificate verification: Not trusted | ホーム | Subversion 過去の履歴を全て削除する(svnadmin dump,load)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1848-678f8a4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)