Symfoware

Symfowareについての考察blog

Alpine LinuxにOpenJDK 8をインストールする

Alpine LinuxでJavaを動かしてみます。

パッケージを検索してみると、openjdk8がある模様。
https://pkgs.alpinelinux.org/packages

「Repository」が「community」になっています。
デフォルトだと「main」のみなので、communityリポジトリをapkの対象にします。


/etc/apk/repositoriesを編集。


# vi /etc/apk/repositories



mainが有効になっている行をコピーし、mainをcommunityに変更。
私の環境では、この2行になりました。


http://dl-6.alpinelinux.org/alpine/v3.3/main
http://dl-6.alpinelinux.org/alpine/v3.3/community #この行を追加




変更を反映。


# apk update




OpenJDK8をインストール。


# apk add openjdk8




バージョンを確認すると、1.8.0_66でした。


# java -version
openjdk version "1.8.0_66-internal"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_66-internal-alpine-r2-b17)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.66-b17, mixed mode)


関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/02/11(木) 17:53:18|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<LFTPでFTPサーバーにミラーリングアップロード | ホーム | Alpine Linux OS起動時にサービスを開始させる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1839-27dcda7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)