Symfoware

Symfowareについての考察blog

IIS 8.5(2012 R2)で認証方式にWindows認証を使用する

匿名アクセスを許可しないサイトで、ベーシック認証等を使用する場合があると思います。
IISであればWindows認証が使用できるので試してみました。

準備



Windows認証なので、ActiveDirectory環境を構築。
Windows Server 2012 R2にActiveDirectoryの機能を追加する

IIS 8.5のインストール。
必須ではないですが、aspxの動作も試したかったので、aspxを有効にしておきました。
Windows Server 2012 R2にIIS 8.5のインストールとASP.NETの有効化




機能の追加と有効化



サーバーの役割追加で、
[Webサーバー(IIS)] - [Webサーバー] - [セキュリティ] - [Windows認証]
を追加します。

659_01.png


認証を行いたいサイトを選択して、[認証]を選択。

659_02.png


[匿名認証]を無効、[Windows認証]を有効に変更します。

659_03.png


これでWindows認証と統合出来ました。

659_04.png


関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/01/23(土) 19:26:29|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Python Windows認証サイト(NTLM認証)をmechanizeで操作する | ホーム | Python mechanizeでボタンクリック>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1827-36655e22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)