Symfoware

Symfowareについての考察blog

Oracle Database 10g Express Edition JDBCドライバを使用する

OracleのJDBCドライバは、以下のURLからダウンロードできます。

Oracle JDBC Driver ダウンロード
http://www.oracle.com/technology/global/jp/software/tech/java/jdbc/index.html

001_20090922141951.png

Oracle JDBC Driver (10.2.0.4), (10.2.0.3), (10.2.0.2), (10.2.0.1.0)を
ダウンロードしようと思ったのですが

002_20090922141951.png

JDK1.6用のドライバがないようです。

多分、1.5用のドライバでも動くと思うのですが、
DB2で試したときのResultSet#getSQLXMLが動くか試してみたい
(この機能はJava1.6から)なので、
Oracle JDBC Driver (11.1.0.7), (11.1.0.6)をダウンロードしました。

003_20090922141951.png

不具合があれば、10.2.0.1.0用のドライバを使用することにします。

ちなみに、ダウンロードするにはOracleの会員登録が必要です。


サンプルプログラムを書いて、接続を試してみます。

使用するクラスは
oracle.jdbc.driver.OracleDriver

接続文字列は
jdbc:oracle:thin:@[サーバー]:[ポート]:[接続するデータベースのSID]

SIDって・・・指定した覚えがないんですけど?

と思っていたのですが、sqlplusで接続するとき「@xe」と指定しますが、
これがSIDにあたるようです。
SIDに「xe」を指定すると、接続できました。

接続テストのサンプルです。


import java.sql.*;

public class Test {
    public static void main(String[] args) {
        try {
            String url = "jdbc:oracle:thin:@192.168.1.247:1521:xe";
            String user = "xmluser";
            String pass = "xmluser123";
            
            Class.forName("oracle.jdbc.driver.OracleDriver");
            Connection con = DriverManager.getConnection(url, user, pass);
            con.close();
            
            System.out.println("接続成功");
            
        } catch (Exception e) {
            e.printStackTrace();
        }
    }
}



ちゃんと接続できました!



関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/10/16(金) 12:19:21|
  2. Oracle
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Oracle Database 10g Express Edition XMLテーブルを使用したサンプル | ホーム | Oracle Database 10g Express Edition ODBCドライバのインストール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/179-3981d293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)