Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 14.04にOpenJDK 8をインストールする

既にOpenJDK 7がインストール済の環境です。


$ java -version
java version "1.7.0_79"
OpenJDK Runtime Environment (IcedTea 2.5.6) (7u79-2.5.6-0ubuntu1.14.04.1)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 24.79-b02, mixed mode)






OpenJDK 8のインストール



こちらを参考にアップグレードします。
How to Install OpenJDK 8 in Ubuntu 14.04 & 12.04 LTS


リポジトリを追加。


$ sudo add-apt-repository ppa:openjdk-r/ppa
詳しい情報: https://launchpad.net/~openjdk-r/+archive/ubuntu/ppa
[ENTER] を押すと続行します。ctrl-c で追加をキャンセルできます(enter)

gpg: 鍵輪「/tmp/tmp_pm42yx2/secring.gpg」ができました
gpg: 鍵輪「/tmp/tmp_pm42yx2/pubring.gpg」ができました
gpg: 鍵86F44E2Aをhkpからサーバーkeyserver.ubuntu.comに要求
gpg: /tmp/tmp_pm42yx2/trustdb.gpg: 信用データベースができました
gpg: 鍵86F44E2A: 公開鍵“Launchpad OpenJDK builds (all archs)”を読み込みました
gpg: 処理数の合計: 1
gpg:             読込み: 1 (RSA: 1)
OK




情報を更新してインストール。


$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install openjdk-8-jdk




まだOpenJDKをインストールしていない状態なら、これで完了のはず。





デフォルトJavaの切り替え



OpenJDK 7が既にインストールされている環境だと、デフォルトで使用される
Javaが切り替わりません。


$ java -version
java version "1.7.0_79"
OpenJDK Runtime Environment (IcedTea 2.5.6) (7u79-2.5.6-0ubuntu1.14.04.1)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 24.79-b02, mixed mode)




以下のコマンドを実行して、javaのデフォルトを変更。


$ sudo update-alternatives --config java
alternative java (/usr/bin/java を提供) には 2 個の選択肢があります。

選択肢    パス                                         優先度 状態
------------------------------------------------------------
* 0            /usr/lib/jvm/java-7-openjdk-amd64/jre/bin/java 1071     自動モード
1            /usr/lib/jvm/java-7-openjdk-amd64/jre/bin/java 1071     手動モード
2            /usr/lib/jvm/java-8-openjdk-amd64/jre/bin/java 1069     手動モード

現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 2




これで変更できました。


$ java -version
openjdk version "1.8.0_45-internal"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_45-internal-b14)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.45-b02, mixed mode)





javacコマンドも同様、切り替わりません。


$ javac -version
javac 1.7.0_79





以下のコマンドで変更します。


$ sudo update-alternatives --config javac
alternative javac (/usr/bin/javac を提供) には 2 個の選択肢があります。

選択肢    パス                                     優先度 状態
------------------------------------------------------------
* 0            /usr/lib/jvm/java-7-openjdk-amd64/bin/javac 1071     自動モード
1            /usr/lib/jvm/java-7-openjdk-amd64/bin/javac 1071     手動モード
2            /usr/lib/jvm/java-8-openjdk-amd64/bin/javac 1069     手動モード

現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 2




無事変更できました。


$ javac -version
javac 1.8.0_45-internal


関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/08/16(日) 23:14:06|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Visual Studio CodeをLinux(Ubuntu 14.04)で起動する | ホーム | Java JAXBでXMLな文字列をオブジェクトにマッピングする>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1783-bf0ea1fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)