Symfoware

Symfowareについての考察blog

R言語 ggplot2 傾きと切片を指定して、線を描画する(geom_abline)

ggplot2で、線を描画する方法メモ。
Line specified by slope and intercept.


Examples 1



Y切片だけを指定するパターン。
interceptで切片の値を指定します。


  1. # 画像ファイルへの出力ドライバを用意
  2. png("image.png", width = 400, height = 400, pointsize = 12, bg = "white")
  3. # ggplot2ライブラリをロード
  4. library(ggplot2)
  5. p <- qplot(wt, mpg, data = mtcars)
  6. # Y切片を指定
  7. p + geom_abline(intercept = 20)
  8. # 出力ドライバを閉じる
  9. graphics.off()




628_01.png


傾きは、指定した切片を通る回帰直線になるのかな?





Examples 2



傾きも合わせて指定します。
傾きはslopeで指定。


  1. # 画像ファイルへの出力ドライバを用意
  2. png("image.png", width = 400, height = 400, pointsize = 12, bg = "white")
  3. # ggplot2ライブラリをロード
  4. library(ggplot2)
  5. p <- qplot(wt, mpg, data = mtcars)
  6. # Y切片と傾きを指定
  7. p + geom_abline(intercept = 37, slope = -5)
  8. # 出力ドライバを閉じる
  9. graphics.off()



628_02.png





Examples 3



線の色や太さを指定してみます。

alpha:透明度
colour:色
linetype:線の種類
size:線の太さ


  1. # 画像ファイルへの出力ドライバを用意
  2. png("image.png", width = 400, height = 400, pointsize = 12, bg = "white")
  3. # ggplot2ライブラリをロード
  4. library(ggplot2)
  5. p <- qplot(wt, mpg, data = mtcars)
  6. # 色などを指定
  7. p + geom_abline(intercept = 10,
  8.     colour = "red", # 色
  9.     size = 2, # 線の太さ
  10.     alpha = 0.5, # 透明度
  11.     linetype = 2 # 線の種類
  12.     )
  13. # 出力ドライバを閉じる
  14. graphics.off()



628_03.png


指定できる線の種類です。
linetype = 1(default)

628_04.png


linetype = 2

628_05.png


linetype = 3

628_06.png


linetype = 4

628_07.png


linetype = 5

628_08.png


linetype = 6

628_09.png


linetype = 7

628_10.png


linetype = 8

628_11.png

7までで、後はローテーションのようです。





stat_smooth



回帰直線を描画したい場合は、stat_smoothが便利です。


  1. # 画像ファイルへの出力ドライバを用意
  2. png("image.png", width = 400, height = 400, pointsize = 12, bg = "white")
  3. # ggplot2ライブラリをロード
  4. library(ggplot2)
  5. p <- qplot(wt, mpg, data = mtcars)
  6. # 回帰直線を描画
  7. p + stat_smooth(method="lm", se=FALSE)
  8. # 出力ドライバを閉じる
  9. graphics.off()



628_12.png


methodには、lmの他に、glm、loessが指定できます。

glm

628_13.png


loess

628_14.png


se = TRUEとすると、信頼できる範囲(おそらく95%信頼区間)を表示してくれます。

628_15.png


levelで信頼区間を指定できます。


  1. # 画像ファイルへの出力ドライバを用意
  2. png("image.png", width = 400, height = 400, pointsize = 12, bg = "white")
  3. # ggplot2ライブラリをロード
  4. library(ggplot2)
  5. p <- qplot(wt, mpg, data = mtcars)
  6. # 回帰直線を描画
  7. p + stat_smooth(method="lm", se=TRUE, level=0.99)
  8. # 出力ドライバを閉じる
  9. graphics.off()



628_16.png



R言語 ggplot2 作成できるフラグの一覧メモ

【参考URL】

Help topics

関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/07/21(火) 21:21:44|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<R言語 ggplot2 棒グラフを描画する(geom_bar) | ホーム | R言語 ggplot2をFreeBSD 10.1にインストールし、日本語を使用可能にする>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1758-d5474147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)