Symfoware

Symfowareについての考察blog

R言語 ggplot2をFreeBSD 10.1にインストールし、日本語を使用可能にする

R言語で綺麗なグラフが描画できる「ggplot2」
http://docs.ggplot2.org/current/

FreeBSD 10.1にインストールしてみます。
Rのバージョンは3.0.2です。


# R --version
R version 3.0.2 Patched (2013-11-12 r64207) -- "Frisbee Sailing"





ggplot2のインストール



Rシェルから


> install.packages("ggplot2")



でインストールできるはずなのですが、
こんなエラーが発生し、インストールできませんでした。


警告メッセージ:
1: In install.packages("ggplot2") :
パッケージ ‘reshape2’ のインストールは、ゼロでない終了値をもちました
2: In install.packages("ggplot2") :
パッケージ ‘scales’ のインストールは、ゼロでない終了値をもちました
3: In install.packages("ggplot2") :
パッケージ ‘ggplot2’ のインストールは、ゼロでない終了値をもちました
> library(ggplot2)





pkg searchしてみると、R-cran-ggplot2が見つかります。


# pkg search ggplot2
R-cran-ggplot2-1.0.1




こちらをインストール。


# pkg install R-cran-ggplot2




Rシェルで、libraryのロードが行えました。
インストールできたようです。


# R
R version 3.0.2 Patched (2013-11-12 r64207) -- "Frisbee Sailing"
Copyright (C) 2013 The R Foundation for Statistical Computing
Platform: amd64-portbld-freebsd10.1 (64-bit)

> library(ggplot2)
>








動作確認



こちらを参考にしました。
ggplot2 はじめの一歩

こんなスクリプトを作成します。

・sample.r


  1. # 画像ファイルへの出力ドライバを用意
  2. png("image.png", width = 500, height = 500, pointsize = 12, bg = "white")
  3. # ggplot2ライブラリをロード
  4. library(ggplot2)
  5. # サンプルデータをプロット
  6. qplot(carat, price, data=diamonds)
  7. # 出力ドライバを閉じる
  8. graphics.off()




Rscriptで実行


# Rscript sample.r




グラフが描画できました。

627_01.png




日本語の使用



グラフタイトルに日本語を使用してみます。
何も考えずに出力すると文字化けします。

627_02.png


過去の記事を参考に、日本語を出力できるようにします。
FreeBSD 10 R言語のグラフプロットで日本語が表示できない
FreeBSD 10に日本語フォント(IPA)をインストールする

まず、環境変数を適切に設定。


# vi ~/.cshrc




以下の2行を追記します。


setenv LC_CTYPE ja_JP.UTF-8
setenv LANG     ja_JP.UTF-8




一旦ログオフするか、設定を再読み込み。


# source ~/.cshrc




続いて、IPAフォントをインストール。


# pkg install ja-font-ipa-00303_3




theme_setで、使用するフォントファイルを指定します。


  1. # 画像ファイルへの出力ドライバを用意
  2. png("image.png", width = 500, height = 500, pointsize = 12, bg = "white")
  3. # ggplot2ライブラリをロード
  4. library(ggplot2)
  5. # IPAフォントを使用
  6. old = theme_set(theme_gray(base_family="IPAMincho"))
  7. # サンプルデータをプロット
  8. qplot(carat, price, data=diamonds,
  9.     main="ダイヤモンドの価格", xlab="カラット", ylab="価格(USドル)")
  10. # 出力ドライバを閉じる
  11. graphics.off()




これで日本語が出力出来ました。

627_03.png



R言語 ggplot2 作成できるフラグの一覧メモ
関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/07/20(月) 18:09:47|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<R言語 ggplot2 傾きと切片を指定して、線を描画する(geom_abline) | ホーム | R言語 ggplot2 作成できるフラグの一覧メモ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1757-74712e38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)