Symfoware

Symfowareについての考察blog

FreeBSD 10.1にmonoをインストールし、C#のプログラムをコンパイルする

ずいぶん前に、Debianへmonoをインストールし、C#なプログラムを
コンパイルしてみました。
Debian Lenny にmonoをインストールする

同様のことをFreeBSDで実行してみます。


monoのインストール



pkg searchしてみると、パッケージが用意されていました。


# pkg search mono
ap24-mod_mono-3.12
ar-ae_fonts_mono-1.0_4
consolamono-ttf-20130127_1
fantasque-sans-mono-1.6.5_1
hs-mono-traversable-0.6.1_1
mono-4.0.1.28
mono-addins-1.1
mono-basic-4.0.1
mono-kmod-20070416
mono-zeroconf-0.9.0
monodevelop-5.0.1_1
monotone-1.1_2
monotone-viz-1.0.2_6
p5-Monoceros-0.27_1
wine-mono-0.0.8
wine-mono-devel-4.5.6




pkg installでインストール。


# pkg install mono







mcsによるコンパイル



以前はgmcsというコマンドだったのですが、mcsに改められたようです。

こんなソースを作成。

・hello.cs


  1. using System;
  2. public class HelloWorld {
  3.     
  4.     static public void Main () {
  5.         
  6.         Console.WriteLine ("Hello Mono World");
  7.         
  8.     }
  9. }




mcsでコンパル。


# mcs hello.cs




hello.exeが出力されます。
monoコマンドで実行。


# mono hello.exe
Hello Mono World



関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/07/13(月) 21:13:34|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<FreeBSD + monoでNuGetを使用し、ライブラリを取得する | ホーム | MariaDB, PostgreSQL, Derby, H2SQLのベンチマーク比較>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1749-837f89a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)