Symfoware

Symfowareについての考察blog

MariaDB, PostgreSQL, Derby, H2SQLのベンチマーク比較

JdbcRunnerを使用して、各種データベースのベンチマークを測定してみます。
JDBCドライバ経由でデータベースの負荷テストを行う - JdbcRunner

※対象は仮想環境かつチューニングしていない状態なので、
 あまり参考にはなりませんが。

サーバーは
FreeBSD 10.1
メモリ2GB
仮想CPU 2
OpenJDK 1.8.0_45
という構成です。


各種データベースのバージョンは以下の通り。

データベース名バージョン公開日
MariaDB10.0.172015-03-02
PostgreSQL9.4.42015-06-12
firebird2.5.3_22014-07-17
Derby10.11.1.12014-08-26
H2SQL1.4.1872015-04-10


使用したJDBCドライバです。

・MariaDB Connector/J 1.1.9
・mysql-connector-java-5.1.36
・PostgreSQL 9.4-1201 JDBC 41
・Derby、H2SQLはサーバーと同梱のもの


MariaDB(1)MariaDB(2)PostgreSQLDerbyH2SQL
Total tx count81089 tx108001 tx160170 tx134737 tx171943 tx
Throughput450.5 tps600.0 tps889.8 tps748.5 tps955.2 tps
Response time (minimum)3 msec2 msec2 msec2 msec1 msec
Response time (50%tile)27 msec23 msec14 msec11 msec12 msec
Response time (90%tile)52 msec44 msec26 msec23 msec31 msec
Response time (95%tile)71 msec53 msec34 msec33 msec45 msec
Response time (99%tile)201 msec82 msec69 msec106 msec71 msec
Response time (maximum)1238 msec1831 msec3067 msec4885 msec264 msec


MariaDB(1)がMariaDB Connector/J 1.1.9を使用。
MariaDB(2)がmysql-connector-java-5.1.36を使用した結果です。

まだ、MariaDBのJDBCドライバではなく、MySQLのJDBCドライバのほうが
安定しているのかもしれません。

H2SQL、高速ですね。
Derbyも高速なのですが、テスト中応答がなくなることがありました。
高負荷な状態で使用すると、サーバーが止まったように感じるかもしれません。
関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/07/05(日) 20:54:33|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<FreeBSD 10.1にmonoをインストールし、C#のプログラムをコンパイルする | ホーム | JDBCドライバ経由でデータベースの負荷テストを行う - JdbcRunner>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1748-4d207e62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)