Symfoware

Symfowareについての考察blog

ソースコード検索エンジン「milkode」をFreeBSD 10.1にインストールする

ソースコード検索エンジン「milkode」
http://milkode.ongaeshi.me/

いつも便利に使わせて頂いています。


以前、CentOSやDebianにインストールしてみました。
Debian squeezeにソースコード検索エンジンMilkodeをインストールする

今回、FreeBSD 10.1にインストールしてみます。


Ruby、RubyGemsのインストール



こちらを参考にさせていただきました。
FreeBSD に任意バージョンの Ruby on Rails を導入する

portsからrubygemsをインストールします。
pkg install rubyでRubyがインストール済の場合は、一旦削除します。


# pkg remove ruby




Ports Collectionを最新化。
※結構時間がかかります。


# portsnap fetch
# portsnap extract





Ruby Gemsをインストールします。
ここでRubyも同時にインストールされます。


# cd /usr/ports/devel/ruby-gems
# make




こんな確認メセージが表示されるのでOK。

616_01.png

インストールする内容の確認です。
DOCS,EXAMPLES,RDOCのチェックは除外しました。

616_02.png


以降、依存しているportsの確認メッセージが表示されます。
全てデフォルトのままOKしました。

616_03.png

616_04.png

616_05.png

616_06.png

616_07.png

616_08.png

616_09.png

makeが終わったら、忘れずinstall。


# make install




これでgemコマンドが有効になります。


# ruby --version
ruby 2.1.6p336 (2015-04-13 revision 50298) [amd64-freebsd10]

# gem --version
2.4.8







milkodeのインストール



milkode本体は、gemでインストール。
なのですが、ここでちょっと問題発生です。


# gem install milkode
...
Fetching: rroonga-5.0.3.gem (100%)
Building native extensions. This could take a while...
ERROR: Error installing milkode:
    ERROR: Failed to build gem native extension.

    /usr/local/bin/ruby21 -r ./siteconf20150613-17394-1ti1rur.rb extconf.rb
checking for GCC... yes
checking for Win32 OS... no
checking for groonga version (>= 5.0.3)... no
downloading http://packages.groonga.org/source/groonga/groonga-5.0.4.tar.gz... done
extracting... done
configuring... done
building (maybe long time)... failed
*** extconf.rb failed ***
Could not create Makefile due to some reason, probably lack of necessary
libraries and/or headers. Check the mkmf.log file for more details. You may
need configuration options.

Provided configuration options:
    --with-opt-dir
    --without-opt-dir
    --with-opt-include
    --without-opt-include=${opt-dir}/include
    --with-opt-lib
    --without-opt-lib=${opt-dir}/lib
    --with-make-prog
    --without-make-prog
    --srcdir=.
    --curdir
    --ruby=/usr/local/bin/ruby21
    --with-pkg-config
    --without-pkg-config
    --with-override-variables
    --without-override-variables

extconf failed, exit code 1

Gem files will remain installed in /usr/local/lib/ruby/gems/2.1/gems/rroonga-5.0.3 for inspection.
Results logged to /usr/local/lib/ruby/gems/2.1/extensions/amd64-freebsd-10/2.1/rroonga-5.0.3/gem_make.out




groongaと、groongaをRubyから使用するためのrroongaの
ビルドで失敗するようです。

groongaだけ別途インストールしてみます。


# pkg install groonga




改めて、gem install milkode


# gem install milkode




これでインストール出来ました。


# milk --version
milk 1.8.6




ソースの追加方法などはこちら。
Debian squeezeにソースコード検索エンジンMilkodeをインストールする





webの起動



web guiは、milk webコマンドで起動できます。



# milk web --host 0.0.0.0 -n



http://[サーバーIP]:9292でweb guiが表示できます。

616_10.png


サーバーのコンソールからexitしてもwebサービスが継続されるよう
こんなスクリプトを実行して使っています。



#!/bin/csh

milk web --host 0.0.0.0 -n >& /dev/null &






関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/06/13(土) 16:34:30|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<FreeBSD 10.1 + Pythonで日本語出力で「UnicodeEncodeError」 | ホーム | Python OAuth2認証でGoogleアナリティクスの情報を取得する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1721-d0d6eeee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)