Symfoware

Symfowareについての考察blog

Debian 8「Jessie」を最小構成でインストールする(netinst CD使用)

Debian 8(Jessie)が公開されました。
netinst CDを使用して、最小構成でインストールした手順をメモしておきます。

なお、インストールはUbuntu 14.04のKVM上で行いました。


インストーラーの取得



こちらからダウンロードできます。
最小の CD を使って、ネットワークインストールする

ネットワーク負荷低減のため、BitTorrentが使用できる場合は
Debian の CD イメージを BitTorrent でダウンロードする
こちらからダウンロードします。

64bit版をインストールしたいので、「amd64」のリンクをクリック。

612_01.png


下にスクロールすると、こんな一覧が表示されます。
debian-8.0.0-amd64-netinst.iso.torrentのリンクをクリック。

612_02.png


ダウンロードしたファイルをクリックすると、Torrentクライアントが起動します。
「開く」をクリック。

612_03.png


ダウンロードが始まりました。

612_04.png


私の環境では、1分程度でダウンロードが終了しました。
ダウンロードした「debian-8.0.0-amd64-netinst.iso」を使用してインストールを実行します。



Debian 8のnetインストール



インストーラーを起動するとこんな画面が表示されます。
Installを選択してエンターキーを押します。

612_05.png


言語の選択です。
「J」キーを押すと、「Japanese」までスキップできます。
日本語が選択されていることを確認してエンター。

612_06.png


場所の選択です。
日本語を選択していると、「日本」が初期選択されているはずなので、
そのままエンター。

612_07.png


キーボードレイアウトも日本語を選択。

612_08.png


追加コンポーネントのロードが始まります。

612_09.png


IPアドレスの設定画面です。
IPを指定したかったので、「ネットワークを手動で設定」を選択しました。
※DHCPでIPアドレスが取得できる場合はこの画面は表示されないと思います。

612_10.png


IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイ、ネームサーバーを指定。
ここはDHCPで設定された場合は表示されないと思います。

612_11.png

612_12.png

612_13.png

612_14.png


ホスト名の設定です。任意の名前を指定します。

612_15.png


ドメイン名の指定です。空白で構いません。

612_16.png


管理者権限を持つrootのパスワード設定です。
適切なパスワードを指定します。

612_17.png

上記で入力したパスワードを再度入力。

612_18.png


root以外のユーザーを追加します。
今回は「ftpuser」としました。

612_19.png

612_20.png


追加するユーザーのパスワードを設定します。

612_21.png


上記で入力したパスワードを再度入力。

612_22.png


ディスクのパーティション選択です。
デフォルトの「ディスク全体を使う」を選択しました。

612_23.png


パーティションを行うディスクの選択です。
今回、ディスクは1つしかないのでそのまま進みます。

612_24.png


パーティション分割の指定です。
デフォルトの「すべてのファイルを1つのパーティションに」を選択しました。

612_25.png


実際にパーティションを行います。

612_26.png


本当にパーティションを実行してよいかの確認です。
ここまではエンターキー連打で進めますが、ここは矢印キー左を押して
「はい」を選択します。

612_27.png


パーティションの実行と、ベースシステムのインストールが実行されます。

612_28.png


必要なソフトをどこからダウンロードするかの選択です。
「日本」を選択しました。

612_29.png


具体的なダウンロード元の選択です。
デフォルトの「ftp.jp.debian.org」を選択しました。

612_30.png


HTTPプロキシの入力です。
プロキシのないネットワークの場合は、空白のままでOKです。

612_31.png


パッケージ調査の確認です。
これはインストールしたソフトの統計情報に使われるそうです。
デフォルトは「いいえ」ですが、調査に協力するため「はい」を選択しました。

612_32.png


インストールするパッケージの選択です。
Debian 7から項目が変わりましたね。

612_33.png


後からインストール可能なので、未選択の状態にしました。
選択の解除は、矢印キーの上下で項目を選択し、スペースキーを押します。

612_34.png


ブートローダーをインストールするかの確認です。
Debianしかインストールしない場合は、「はい」を選択します。

612_35.png


ブートローダーをどこにインストールするかの確認です。
ここもDebian 7から変更されている気がします。

ハードディスクが1つだけなので、候補で表示されている
「/dev/vda」を選択しました。

612_36.png


しばらく待つと、インストールが完了します。
「続ける」を選択すると、自動的に再起動します。

612_37.png



ちゃんとインストールが完了して、OSが起動しました。

612_38.png



ユーザー:rootでログインを試してみます。

612_39.png


ちゃんとインストール出来ました。
関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/05/01(金) 22:45:08|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Debian 8(Jessie)にUbuntuからrootでssh接続 | ホーム | MySQL クエリで連続した日付の仮想表を作成する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1714-7ed9d1a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)