Symfoware

Symfowareについての考察blog

CodeIgniter 3でComposer(コンポーザー)のautoload

最近はPHPのライブラリをComposerでインストールすることが多くなってきました。


Composerのインストール



Windowsの場合は、ここにインストーラーがあります。
https://getcomposer.org/doc/00-intro.md#installation-windows

※事前にPHPをダウンロードし、curlを有効にしておく必要があります。
http://windows.php.net/download/


Debianの場合


$ cd /tmp
$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | sudo php -- --install-dir=/usr/local/bin --filename=composer






CodeIgniterでの利用



applicationフォルダに、「composer.json」というファイルを作成。
必要なライブラリの情報を記載します。

aws-sdk-phpを設定する場合の例です。


{
    "require": {
        "aws/aws-sdk-php": "2.*"
    }
}




composer.jsonを作成したapplicationフォルダに移動。
composerコマンドを利用してインストールします。


$ composer install




applicationフォルダに「vendor」というフォルダが出来上がります。
中には「autoload.php」というファイルが作成されているはずです。


これをロードするには、application/config/config.phpを編集。


  1. $config['composer_autoload'] = TRUE;



と変更します。


これでvendor/autoload.phpが読み込まれるようになりました。
このへんの処理は「system/core/CodeIgniter.php」の165行目付近に記載があります。

関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/03/30(月) 22:15:55|
  2. PHP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Debian 7(wheezy)にPostgreSQL 9.4をapt-getでインストールする | ホーム | AWS 代表的なサービスのダミー環境メモ(S3、DynamoDB、SQS)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1704-97b2ab6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)