Symfoware

Symfowareについての考察blog

Redmine 3.0.0をDebian 7(Wheezy)にインストールする

気がついたらRedmine 3.0.0がリリースされていました。
Debian 7にインストールしてみます。

こちらの手順を参考にしました。
Redmine 2.3.1をDebian 7(Wheezy)にインストールする



必要なライブラリのインストール



インストールに必要なライブラリをインストールしておきます。


# apt-get -y install git make g++
# apt-get -y install libssl-dev libreadline-gplv2-dev zlib1g-dev libyaml-dev
# apt-get -y install build-essential curl
# apt-get -y install imagemagick libmagickcore-dev libmagickwand-dev






rvmとRubyのインストール



rvmを使用してRubyをインストールします。
まず、rvmのインストール。

以前の手順だとこんなエラーになりました。


# \curl -L https://get.rvm.io | bash -s stable
% Total    % Received % Xferd Average Speed Time    Time     Time Current
                                 Dload Upload Total Spent    Left Speed
100 184 100 184    0     0    237     0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 320
100 22817 100 22817    0     0 27811     0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 27811
(略)
Warning, RVM 1.26.0 introduces signed releases and automated check of signatures when GPG software found.
Assuming you trust Michal Papis import the mpapis public key (downloading the signatures).

GPG signature verification failed for '/usr/local/rvm/archives/rvm-1.26.10.tgz' - 'https://github.com/wayneeseguin/rvm/releases/download/1.26.10/1.26.10.tar.gz.asc'!
try downloading the signatures:

    gpg --keyserver hkp://keys.gnupg.net --recv-keys 409B6B1796C275462A1703113804BB82D39DC0E3

or if it fails:

    command curl -sSL https://rvm.io/mpapis.asc | gpg --import -




コメント通り、キーを追加してから実行


# gpg --keyserver hkp://keys.gnupg.net --recv-keys 409B6B1796C275462A1703113804BB82D39DC0E3
# \curl -L https://get.rvm.io | bash -s stable
# source /etc/profile.d/rvm.sh




Ruby 2.2.1をインストールしました。


# rvm install 2.2.1
# ruby -v
ruby 2.2.1p85 (2015-02-26 revision 49769) [x86_64-linux]







PostgreSQLのインストール



データベースにはPostgreSQLを使用することにします。
インストールはこちら。

Debian 7にPostgreSQL 9.3をapt-getでインストールする





Redmineのインストール



最初にgemでbundlerをインストール。


# gem install bundler --no-rdoc --no-ri




ソースコードを取得し、展開します。


# cd /opt
# wget http://www.redmine.org/releases/redmine-3.0.0.tar.gz
# tar xzf redmine-3.0.0.tar.gz




PostgreSQL接続ドライバのビルド時にヘッダーが必要なので、
事前にインストールしておきます。


# apt-get install postgresql-server-dev-9.3




/var/lib/redmine/でbundle installコマンドを実行します。
これでRedmineが依存しているライブラリがインストールされます。
--withoutで使わないmysqlやsqliteをインストールしないようにしてみました。


# cd /opt/redmine-3.0.0
# bundle install --without development test mysql sqlite







データベースの作成



PostgreSQLに「redmine」というデータベースを作成します。
ユーザーの「pgadmin」は事前に作成しておきました。


# psql -h localhost -U pgadmin -d postgres

postgres=# create database redmine;
CREATE DATABASE
postgres=# \q




config/database.ymlを新規作成。
データベースの接続情報を記載します。


# vi config/database.yml




内容は以下のとおり。


production:
adapter: postgresql
database: redmine
host: localhost
username: pgadmin
password: P@ssw0rd
encoding: utf8




データベースの初期化を行います。


# rake generate_secret_token
# RAILS_ENV=production rake db:migrate




デフォルトの日本語データを設定。


# RAILS_ENV=production rake redmine:load_default_data

Select language: ar, az, bg, bs, ca, cs, da, de, el, en, en-GB,
es, et, eu, fa, fi, fr, gl, he, hr, hu, id, it, ja, ko, lt, lv,
mk, mn, nl, no, pl, pt, pt-BR, ro, ru, sk, sl, sq, sr, sr-YU,
sv, th, tr, uk, vi, zh, zh-TW [en] ja




webrickで動作を見てみます。


# ruby bin/rails server webrick -e production -b 0.0.0.0




http://[サーバーIP]:3000を表示すればログイン画面が表示されます。
初期ID、パスワードは共に「admin」

情報画面を見てみると、ちゃんとRuby 2.2.1 + Redmine 3.0.0が動いています。

599_01.png


webサーバーでの動作はこちらが参考になると思います。

Apache + passenger
Redmine 2.3.1をDebian 7(Wheezy)にインストールする

nginx + Puma
Puma + nginxでRedmine 2.6を動かす

nginx + jungle
jungleを使用して、Pumaをデーモンで自動起動する


関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/03/15(日) 16:37:55|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<RedmineとGit(BitBucket)の連携方法(redmine_github_hook使用) | ホーム | ngx_small_light 画像の中心を繰り抜いて表示する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1693-6ec9e2d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)