Symfoware

Symfowareについての考察blog

はじめてのアマゾンウェブサービス(AWS) アカウントの作成

超いまさらですが、アマゾンウェブサービス(AWS)を使ってみたいと思います。


アカウントの作成



今回はアカウントの作成を行ってみます。
こちらに詳しく掲載されていますが改めて。
AWS アカウント作成の流れ


アカウント作成時必要になるのは、
・メールアドレス
・クレジットカード番号
・つながる電話番号と電話

事前に準備しておきます。

こちらのページから「今すぐ無料でお試し」をクリック。
http://aws.amazon.com/jp/free/

585_01.png


メールアドレスを入力し、「I am a new user.」を選択。
「Sign in using our secure server」をクリックします。

585_02.png


名前と、メールアドレスを2回、パスワードを2回入力。

585_03.png


氏名、住所、電話番号を入力。
表示されている画像の文字を入力して、同意チェックをつけます。

585_04.png


カード番号と氏名の情報と、住所を入力します。
前の画面と同じ住所なら、特に入力は必要ありません。

585_05.png


電話による認証が入ります。
電話番号を入力して、「Call Me Now」をクリックします。
ほんとにNowで電話がかかってきます。ちょっとびびった。

585_06.png


画面上には数字4桁のPINコードが表示されます。
かかってきた電話に出ると、自動音声でPINコードを入力してねと言われます。
表示されている数字を入力します。

585_07.png


電話機でPINコードの入力が入力が終わると画面が自動的に切り替わります。
これで認証完了です。

585_08.png


とりあえず無料で使ってみたいので、「Basic(Free)」を選択。

585_09.png


登録完了です。

585_10.png


次はサーバーの構築を行ってみたいと思います。



関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/03/08(日) 16:32:04|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<はじめてのアマゾンウェブサービス(AWS) インスタンスの生成とssh接続 | ホーム | 複数のSupervisordを一括監視する「py-supervisord-monitor」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1678-e7f23213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)