Symfoware

Symfowareについての考察blog

Slack風チャットシステム「Let's Chat」をDebian 7にインストールする

開発チームで共有したい情報をメールで送るのに嫌気がさしてきたので、
チャットシステムを使ってみたくなりました。

Let's Chat

Slack風なUIで面白そうです。
Debian 7にインストールして試してみます。



必須ソフトのインストール



ページに記載されている必須ソフトをインストールしていきます。

・git


# apt-get -y install git




・Node.js 0.10+

こちらを参考にしました。
Installing Node.js via package manager


# apt-get -y install curl
# curl -sL https://deb.nodesource.com/setup | bash -
# apt-get install -y nodejs




0.10.36がインストール出来ました。


# node -v
v0.10.36





・MongoDB 2.0+

こちらを参考にしました。
Install MongoDB on Debian


# apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv 7F0CEB10
# echo "deb http://repo.mongodb.org/apt/debian "$(lsb_release -sc)"/mongodb-org/3.0 main" | tee /etc/apt/sources.list.d/mongodb-org-3.0.list
# apt-get update
# apt-get install -y mongodb-org





・Python 2.7 (shipped with Mac OS X)

上記手順で、自動的にインストールされているはずです。



・make、g++

記載な無いですが、makeやg++も必要になります。
これがないと、npm installでエラーになります。


# apt-get -y install make
# apt-get -y install libicu-dev
# apt-get -y install g++







本体インストール



必要なソフトは揃ったので、必須ソフトをインストールしてみます。


# cd /opt/
# git clone https://github.com/sdelements/lets-chat.git
# npm install




ここで、こんなエラーになる場合は、make、g++がインストールされていません。
aptでインストールしておきます。


npm ERR! node-stringprep@0.7.0 install: `node-gyp rebuild`
npm ERR! Exit status 1
npm ERR!
npm ERR! Failed at the node-stringprep@0.7.0 install script.
npm ERR! This is most likely a problem with the node-stringprep package,
npm ERR! not with npm itself.
npm ERR! Tell the author that this fails on your system:
npm ERR!     node-gyp rebuild
npm ERR! You can get their info via:
npm ERR!     npm owner ls node-stringprep
npm ERR! There is likely additional logging output above.
npm ERR! System Linux 3.2.0-4-amd64
npm ERR! command "/usr/bin/node" "/usr/bin/npm" "install"
npm ERR! cwd /opt/lets-chat
npm ERR! node -v v0.10.36
npm ERR! npm -v 1.4.28
npm ERR! code ELIFECYCLE
npm ERR! not ok code 0





インストールが終わったら、設定ファイルのサンプルをコピー。


# cp settings.yml.sample settings.yml




内容を編集します。


# vi settings.yml




変更した箇所は、httpのhostの指定です。
'localhost'から0.0.0.0に変更しました。


http:
enable: true
host: 0.0.0.0
port: 5000




lets-chatを起動します。


# npm start




ここで、g++をインストールしておらず、npm installに一度失敗した場合は、
以下のエラーが表示されます。


{ [Error: Cannot find module '../build/Release/bson'] code: 'MODULE_NOT_FOUND' }
js-bson: Failed to load c++ bson extension, using pure JS version




ライブラリを再ビルドすれば、エラーはなくなります。


# npm update






Let's Chat



http://[サーバーIP]:5000/で登録画面になります。
適当にアカウントを作成してログイン。

583_01.png

583_02.png

583_03.png


ログイン後、右上のボタンから新しいルームを作成。

583_04.png


画面下にテキストを入力してSendでチャットを送れます。

583_05.png

583_06.png


左上のユーザー名をクリック。
「Notifications」を選択すると、デスクトップ通知が有効になります。
※おそらくChrome、Firefoxのみ。

583_07.png


@[名前]で、対象者に表示されるチャットを強調表示。
#[ルームタグ]で、対象ルームへのリンクが作成されます。

ファイルの添付も可能です。

583_08.png


チャットの内容検索も可能です。
当たり前なのですが、半角スペースで区切られた単語を検索するようで、
日本語は正しく検索できません。

583_09.png


関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/03/07(土) 15:28:51|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Python getattrで取得したメソッドの引数に変数で値を渡す | ホーム | Copy.comへCopyCmdコマンドを使用してアップロード時「Error: Access is denied」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1675-d1e94c37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)