Symfoware

Symfowareについての考察blog

Copy.comへCopyCmdコマンドを使用してアップロード時「Error: Access is denied」

Copy.comのクラウドストレージにCopyCmdでファイルをアップロードしてみました。
Ubuntu 14.40 CopyCmdを使用して、Copy.comにファイルのアップロート、ダウンロード


後日、もう一度ファイルをアップロードしようとした時
「Error: Access is denied」
というエラーになったので、原因を調べてみます。



synclogcopycmd.txtへのアクセス権



前回と違う点は、実行時のユーザーが違うこと。

調べてみると、CopyCmdのあるディレクトリに「synclogcopycmd.txt」という
ログファイルが出力されています。


$ /opt/copy/CopyCmd Cloud [コマンド]
Error: Access is denied



こういう感じで、コマンド実行後にいきなり「Access is denied」が表示される場合は、
この「synclogcopycmd.txt」に書き込み権限が無いことが原因でした。

「synclogcopycmd.txt」に書き込み権限を付与します。


# chmod 777 synclogcopycmd.txt



これでいきなりエラーになならなくなりました。




アップロードしようとするファイルへのアクセス権



再度アップロードコマンドを実行。


$ /opt/copy/CopyCmd Cloud [コマンド]
Logged in as mail@example.com
Error: Access is denied




こんな感じで、ログイン成功後に「Access is denied」エラーが表示されます。

これは、アップロードしようとするファイルに読み取り権限がありませんでした。


# chmod 777 /upload/001.jpg



として、アップロードしたいファイルに権限を付与すると、
ちゃんとアップロードできるようになりました。
関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/03/07(土) 13:46:21|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Slack風チャットシステム「Let's Chat」をDebian 7にインストールする | ホーム | Supervisor 「taif -f」のリンクにPythonのprint出力が表示されない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1674-363e4e2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)