Symfoware

Symfowareについての考察blog

無料で15GBのストレージが使える「copy」

無料で15GBのストレージが使用できる「copy」
https://www.copy.com/companies/

登録して使ってみました。


登録



https://www.copy.com/companies/

トップページの「Start 30-day free trial」をクリック

579_01.png


名前とメールアドレス、パスワードの入力ダイアログが表示されます。
入力して「Sign up」をクリック。

579_02.png


ログインできました。

579_03.png


最初はメールの確認をしてくれという警告が表示されます。
届いているメールの文中のリンクをクリックすると警告が表示されなくなります。

最初、使い方がわからなかったのですが、右側の表示を一番下までスクロール。
Companyプランの使用をキャンセルします。

579_04.png

こうするとパーソナルでの使用になります。





フォルダの作成とファイルのアップロード



右側のパネルを右クリックするか、メニューをクリックして、「New Folder」を選択。

579_05.png


適当にフォルダ名を入力して「Create folder」をクリック。

579_06.png


testフォルダが作成できました。
ファイルをアップロードしてみます。
右側のメニューから「Upload」をクリック。

579_07.png


適当にファイルをアップロードしてみました。

579_08.png


ちゃんとアップロードされていますね。

579_09.png


ファイルをダウンロードしたいときは、メニューの「Download」をクリックします。

579_10.png




クライアントツールによる同期



クライアントツールによる同期を試してみます。
トップ画面に戻り、「Desktop + laptop」の「Download」をクリック。

579_11.png


Ubuntu 14.04を使用しているのですが、ちゃんとLinuxにも対応してくれているようです。

579_12.png


ダウンロードしたファイルを解凍。
copy/x86_64/CopyAgentを起動します。(64bit OSの場合)

579_13.png


こんなダイアログが表示されます。
先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力。

579_14.png


同期するフォルダの指定です。
デフォルトはホームディレクトリのようです。
適当なフォルダを指定したい場合は「Select a Different Folder」をクリックして、
同期に使用するディレクトリを指定します。

「Continue」で同期が開始されます。

579_15.png


こんな感じで、ファイルが同期されました。

579_16.png


エージェント起動中はタスクトレイにこんなアイコンが表示されます。
ここから設定の変更などが行えます。

579_17.png


同期に指定したフォルダにファイルを配置してみます。

579_18.png


ちゃんとwebにも反映されました。

579_19.png



関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/03/04(水) 22:55:06|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Ubuntu 14.40 CopyCmdを使用して、Copy.comにファイルのアップロート、ダウンロード | ホーム | 無料で100GBのストレージが使える「SHARED」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1670-1fc56c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)