Symfoware

Symfowareについての考察blog

Cordova(コルドバ)チュートリアル2 Cordovaプロジェクトのビルドとエミュレーターの実行

Cordova(コルドバ)チュートリアル1 Cordovaプロジェクトの作成
こちらの続きです。

Ubuntu 14.04にNode.jsとnpmをインストール。
cordovaコマンドが実行できるところまで終了しています。


チュートリアルの続きを試してみます。
Module 2: Building a Cordova Project


Building for iOS



Mac持っていないので試せないのですが、


$ cordova build ios



これでios向けのビルドが行えるそうです。
※事前に「cordova platforms add ios」を実行してプラットフォームを追加しておく必要あり。


エミュレーターでの実行は、まずios-simをインストール。


$ sudo npm install -g ios-sim



これでエミュレーターが実行されるようです。


$ cordova emulate ios








Building for Android



Android版のビルド方法です。

Android SDKの導入が必要なのですが、それなりに手順を踏まないといけなかったので
別記事にまとめておきました。

Ubuntu 14.04にAndroid SDKをインストールする(Cordova向け)


コマンドを実行して、androidプラットフォームを追加します。


$ cordova platforms add android




エラーになりました。


Error: Please install Android target "android-19".




調べてみると
Cordova 3.5.0 Install Error- Please Install Android Target 19

なるほど、Android 4.4.2というのをインストールしないと行けないのね。

Android SDK Managerを起動します。


$ android




Android 4.4.2(API19)を展開し、Google APIs(x86 System Image)を選択してインストール。

559_01.png


これで追加コマンドが実行できるはずです。



実行してみましょう。

USB接続した端末で実行するには


$ cordova run android




エミュレーターでの実行は


$ cordova emulate android



とするようです。


エミュレーターで実行しようとするとエラー。


No emulator images (avds) found, if you would like to create an
avd follow the instructions provided here:




悲しい。
調べてみると、AVD Managerでエミュレーターを事前に定義しておかないといけないようです。
Managing AVDs with AVD Manager

どこからAVD Managerを起動するのかわからなかったのですが、
まずSDK Managerを起動。


$ android




[Tools] - [Manage AVDs]を選択。

559_02.png


Android Virtual Device(AVD) Managerが起動します。
右側のCreateをクリック。

559_03.png


適当にデバイスの定義を行います。

559_04.png

559_05.png

559_06.png



改めてコマンドを実行。


$ cordova emulate android




動いた!

559_07.png


関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/02/22(日) 13:35:41|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Cordova(コルドバ)チュートリアル3 サンプルプログラムの準備 | ホーム | Ubuntu 14.04にAndroid SDKをインストールする(Cordova向け)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1640-d0d559d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)