Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 14.04にAndroid SDKをインストールする(Cordova向け)

CordovaでAndroidアプリをつくろうとしています。
Android SDKのインストール方法を調べたのでメモしておきます。



javaとant



javaとantが必要になる(はず)なので、事前にインストールしておきます。


$ sudo apt-get install openjdk-7-jdk
$ sudo apt-get install ant




javaとantのバージョンはそれぞれ以下のようになりました。


$ java -version
java version "1.7.0_75"
OpenJDK Runtime Environment (IcedTea 2.5.4) (7u75-2.5.4-1~trusty1)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 24.75-b04, mixed mode)

$ ant -version
Apache Ant(TM) version 1.9.3 compiled on April 8 2014






Android SDKの設定



続いて、Android SDKをダウンロードします。

http://developer.android.com/sdk/index.html

こちらのページの[Download] - [Installing the SDK]を選択。

558_01.png

Stand-alone SDK Toolsを選択。

558_02.png

download the SDK nowを選択。

558_03.png


android-sdk_r24.0.2-linux.tgzをダウンロードしました。

558_04.png

558_05.png


解凍したフォルダを適当なパスに移動しておきます。
私は、/home/baranche/dev/android-sdk-linuxにコピーしました。


.bashrcの末尾に一行追加。
android-sdk-linux/toolsとandroid-sdk-linux/platform-toolsにパスを通します。

※この時点で、platform-toolsは存在しませんが、これ以降に行う
Android SDK Managerを実行すると作成されます。


$ vi ~/.bashrc



こんな感じで追加。


export PATH=${PATH}:/home/baranche/dev/android-sdk-linux/tools:/home/baranche/dev/android-sdk-linux/platform-tools




設定を読み込んで置きます。


$ source ~/.bashrc








Android SDK Manager



エミュレーターの取得などは、Android SDK Managerで行います。
android-sdk-linux/tools/androidがこれに当たります。

パスを通しているので、


$ android



で起動するはずです。

558_06.png


Instal 18 packagesをクリックすると、必要なツールのダウンロードが始まります。

558_07.png


これで設定は完了です。

関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/02/22(日) 13:06:48|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Cordova(コルドバ)チュートリアル2 Cordovaプロジェクトのビルドとエミュレーターの実行 | ホーム | Cordova(コルドバ)チュートリアル1 Cordovaプロジェクトの作成>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1639-e2f5d138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)