Symfoware

Symfowareについての考察blog

Elasticsearch 1.4をDebian 7にインストールする

Elasticsearch
http://www.elasticsearch.org/

Debian 7にインストールしてみます。


Repositories



インストールはapt-getで行うことにしました。

http://www.elasticsearch.org/guide/en/elasticsearch/reference/current/setup-repositories.html
こちらを参考にリポジトリの追加を行います。

キーの追加。


# wget -qO - http://packages.elasticsearch.org/GPG-KEY-elasticsearch | apt-key add -




sources.listにリポジトリパスの追加。


# vi /etc/apt/sources.list




末尾に以下の行を追記します。


deb http://packages.elasticsearch.org/elasticsearch/1.4/debian stable main




保存したらパッケージリストを更新して、インストール。


# apt-get update
# apt-get install elasticsearch
(略)
システムユーザ `elasticsearch' (UID 102) を追加しています...
新しいユーザ `elasticsearch' (UID 102) をグループ `elasticsearch' に追加しています...
ホームディレクトリ `/usr/share/elasticsearch' は作成しません。
### NOT starting elasticsearch by default on bootup, please execute
sudo update-rc.d elasticsearch defaults 95 10
### In order to start elasticsearch, execute
sudo /etc/init.d/elasticsearch start




起動してみます。


# /etc/init.d/elasticsearch start
Could not find any executable java binary. Please install java in your PATH or set JAVA_HOME




lucene使ってるから、Javaもいるんだろう。
aptで入れたらJavaもインストーするしてくれるかも。

・・・と思っていましたが、Javaは別途インストールしないといけないみたいです。



OpenJDK



JavaはOpenJDKを使用することにしました。
jreでも良いと思うのですが、一応jdkをインストール。


# apt-get install openjdk-7-jdk




1.7.0_03がインストールされました。


# java -version
java version "1.7.0_03"
OpenJDK Runtime Environment (IcedTea7 2.1.7) (7u3-2.1.7-1)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 22.0-b10, mixed mode)





再度、elasticsearchを起動してみます。


# /etc/init.d/elasticsearch start
[ ok ] Starting Elasticsearch Server:.



ちゃんと起動出来ました。




起動確認



デフォルトではポート9200で起動するそうです。
ブラウザで、http://(サーバーIP):9200/を表示してみます。

504_01.png

こんな内容が表示されました。


{
"status" : 200,
"name" : "Xavin",
"cluster_name" : "elasticsearch",
"version" : {
    "number" : "1.4.0",
    "build_hash" : "bc94bd81298f81c656893ab1ddddd30a99356066",
    "build_timestamp" : "2014-11-05T14:26:12Z",
    "build_snapshot" : false,
    "lucene_version" : "4.10.2"
},
"tagline" : "You Know, for Search"
}






プラグインのインストール



Elasticsearchチュートリアル
こちらを参考に、headプラグインをインストールしてみます。

apt-getでインストールすると、/usr/share/elasticsearchに配置されます。


# cd /usr/share/elasticsearch
# bin/plugin -install mobz/elasticsearch-head




ブラウザで、http://(サーバーIP):9200/_plugin/head/を表示。

504_02.png

再起動いるなか?と思いましたが、プラグインインストール直後に反映されます。
素敵です。


関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/11/08(土) 15:26:35|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Elasticsearch 1.4にPythonから接続する | ホーム | R言語 掲載記事のまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1540-412fc077
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)