Symfoware

Symfowareについての考察blog

OpenCV 2.4.9 使用できるDetector,Extractor,Matcher

FreeBSD 10 + OpenCV 2.4.9 + py-opencvで色々試しています。

FreeBSD + OpenCV 2.4.9 + py-opencvで顔認識
OpenCV 2.4.9 + py-opencvでキーポイントの検出
OpenCV 2.4.9 + py-opencvで特徴量を算出する

Detector,Extractor,Matcherで使用できる
キーワードがわからなかったのでまとめておきます。


こちらを参考にしています。
common_interfaces_of_feature_detectors
various-opencv-feature-detectors-in-python
OpenCVで画像の特徴抽出・マッチングを行う



Detector



cv2.FeatureDetector_createに指定できる値です。
一覧に掲載されているがSegmentation faultが発生したものはNGとしています。
予測ですが、OpenCVはpkg installでインストールしました。
ライセンスに抵触するものは、同梱されていないのかな?と思っています。

キーワード実行結果
FASTOK
STAROK
SIFTNG
SURFNG
ORBOK
BRISKOK
MSEROK
GFTTOK
HARRISOK
DenseOK
SimpleBlobOK





Extractor



cv2.DescriptorExtractor_createに指定できる値です。
Detectorと同様、実行できたものはOK、エラーになったものはNGとしています。

キーワード実行結果
SIFTNG
SURFNG
ORBOK
BRISKOK
BRIEFOK
FREAKOK





Matcher



cv2.DescriptorMatcher_createに指定できる値です。

キーワード実行結果
BruteForceOK
BruteForce-L1OK
BruteForce-SL2OK
BruteForce-HammingOK
BruteForce-Hamming(2)OK
FlannBasedOK


※ただし、FlannBasedは比較できるフォーマットが決まっている模様。



OpenCV Error: Unsupported format or combination of formats (type=0) in buildIndex_,
file /wrkdirs/usr/ports/graphics/opencv/work/opencv-2.4.9/modules/flann/src/miniflann.cpp, line 315
Traceback (most recent call last):
File "sample.py", line 36, in <module>
    matches = matcher.match(d1, d2)
cv2.error: /wrkdirs/usr/ports/graphics/opencv/work/opencv-2.4.9/modules/flann/src/miniflann.cpp:315: error: (-210) type=0
in function buildIndex_

関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/11/02(日) 13:45:59|
  2. Python
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<py-opencv 画像の一部を切り抜いて保存する | ホーム | OpenCV 2.4.9 + py-opencvで特徴量を算出する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1523-02e2054b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)