Symfoware

Symfowareについての考察blog

R言語 折れ線グラフの色、線の種類、太さを指定する

R言語で折れ線グラフを書くとき、線についてのオプション指定方法です。

こちらを参考にさせて頂いています。
http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r/53.html



線の色



線の色はプロットの時と同じくcolで指定します。
サンプルとして、線の色が赤い折れ線グラフをプロットしてみます。


  1. png("image.png", width = 500, height = 300, pointsize = 12, bg = "white")
  2. x <- 1:10
  3. y <- 1:10
  4. # plot関数でデータを配置
  5. # type="l"で線プロット(折れ線グラフ)を指定
  6. plot(x, y, type="l", col=rgb(1,0,0))
  7. graphics.off()




477_01.png



折れ線の種類



折れ線の種類はltyで指定します。
指定は数値、または文字列で行います。

ltyで指定する数値(文字)機能
0("blank")無し(透明の線)
1("solid")実線
2("dashed")ダッシュ
3("dotted")ドット
4("dotdash")ドットとダッシュ
5("longdash")長いダッシュ
6("twodash")二つのダッシュ


それぞれ出力を試してみます。
こんな感じのソースで試しました。


  1. png("image.png", width = 500, height = 300, pointsize = 12, bg = "white")
  2. x <- 1:10
  3. y <- 1:10
  4. # plot関数でデータを配置
  5. plot(x, y, type="o", main="lty=0", lty=0)
  6. graphics.off()




477_02.png

477_03.png

477_04.png

477_05.png

477_06.png

477_07.png

477_08.png




折れ線の太さの指定



折れ線の太さ指定はlwdで行います。
1を標準として、相対値で指定する模様。

試しに4を指定してみます。


  1. png("image.png", width = 500, height = 300, pointsize = 12, bg = "white")
  2. x <- 1:10
  3. y <- 1:10
  4. # plot関数でデータを配置
  5. plot(x, y, type="o", main="lwd=4", lwd=4)
  6. graphics.off()




力強い線になりました。

477_09.png


R言語 掲載記事のまとめ
関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/10/06(月) 22:16:47|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<R言語 複数の折れ線を同じグラフに表示する | ホーム | R言語 プロットの形状、大きさ、色を指定する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1501-83777335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)