Symfoware

Symfowareについての考察blog

RabbitMQ Web Interfaceの有効化とログインユーザー

RabbitMQをインストールしてみました。
RabbitMQ 3.3.5をDebian 7にapt-getでインストールする


Webインターフェースがあるようなので、これを有効にしてみます。
こちらを参考にしました。
https://www.rabbitmq.com/management.html



マネージメントプラグインの有効化



Webインターフェースはプラグインとして実装されているようです。
以下のコマンドでプラグインを有効にします。


# rabbitmq-plugins enable rabbitmq_management




プラグインの有効化を反映するには、サービスを再起動すればよいのですが・・・
手順がわからなかったので、OSごと再起動しました。


# shutdown -r now



これでプラグインが有効になりました。



URL



ポート番号15672でWebインターフェースにアクセス可能です。
http://[サーバーIP]:15672/

466_01.png




ユーザー名とパスワード



Username、Passwordに何を入力すれば良いかわからなかったのですが、
こちらが参考になりました。
Can't access RabbitMQ web management interface after fresh install


明示的にユーザーを作る必要があるそうで。

ユーザー名:symfo
パスワード:P@ssw0rd
というユーザーを作成し、管理者権限を与えます。


# rabbitmqctl add_user symfo P@ssw0rd
# rabbitmqctl set_user_tags symfo administrator
# rabbitmqctl set_permissions -p / symfo ".*" ".*" ".*"




ログイン画面で作成したユーザー名とパスワードを入力。

466_02.png


管理画面が表示できました。

466_03.png

関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/09/06(土) 17:34:16|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<RabbitMQにJavaクライアントからメッセージを送信、受信する | ホーム | RabbitMQ 3.3.5をDebian 7にapt-getでインストールする>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1486-ffb1e010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)