Symfoware

Symfowareについての考察blog

RabbitMQ 3.3.5をDebian 7にapt-getでインストールする

RabbitMQというErlang製のメッセージキューサーバーがあります。
http://www.rabbitmq.com/

Debian 7にaptでインストールしてみます。


sources.list



何もしなくてもRabbitMQをaptでインストールすることもできますが、
若干バージョンが古いものがインストールされます。

オフィシャルのドキュメントに従い、最新バージョンをインストールしてみます。
http://www.rabbitmq.com/install-debian.html

まず、「/etc/apt/sources.list」を編集。


# vi /etc/apt/sources.list




末尾に以下の内容を追記します。


deb http://www.rabbitmq.com/debian/ testing main




public keyを取得して反映。


# wget http://www.rabbitmq.com/rabbitmq-signing-key-public.asc
# apt-key add rabbitmq-signing-key-public.asc




ソースリストの内容を最新化。


# apt-get update




最後にapt-getコマンドでインストールを行いました。


# apt-get install rabbitmq-server

(略)
rabbitmq-server (3.3.5-1) を設定しています ...
グループ `rabbitmq' (グループ ID 104) を追加しています...
完了。
システムユーザ `rabbitmq' (UID 102) を追加しています...
新しいユーザ `rabbitmq' (UID 102) をグループ `rabbitmq' に追加しています...
ホームディレクトリ `/var/lib/rabbitmq' は作成しません。
[ ok ] Starting message broker: rabbitmq-server.




rabbitmqというユーザーが自動的に作成され、
サーバーが起動します。


これでインストールは完了です。
webインターフェースがあるようなので、次はこれを有効にしてみます。
関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/09/06(土) 17:22:22|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<RabbitMQ Web Interfaceの有効化とログインユーザー | ホーム | 複数サーバーのSupervisordプロセスを一括監視する「supervisord-monitor」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1485-f64abb6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)