Symfoware

Symfowareについての考察blog

SupervisorのWebインターフェースを有効にする

DebianにSupervisorをインストールして動かしてみました。
SupervisorでPythonのスクリプトをデーモンプロセスとして動かす

Webインターフェースがあるようなので、触ってみます。


設定ファイルの編集



/etc/supervisord.confを編集します。


# vi /etc/supervisord.conf




変更する箇所は「inet_http_server」のセクション。
コメントを外して有効化。
外部からも閲覧できるよう、ipの指定を「0.0.0.0」に変更しました。


この部分を・・・

;[inet_http_server]         ; inet (TCP) server disabled by default
;port=127.0.0.1:9001        ; (ip_address:port specifier, *:port for all iface)
;username=user             ; (default is no username (open server))
;password=123             ; (default is no password (open server))



このように変更。

[inet_http_server]         ; inet (TCP) server disabled by default
port=0.0.0.0:9001        ; (ip_address:port specifier, *:port for all iface)
username=user             ; (default is no username (open server))
password=123             ; (default is no password (open server))




supervisordの再起動方法がよくわからなかったので、プロセスを表示。


# ps aux | grep supervisor
root     2384 0.0 1.0 63920 11060 ?        Ss 22:21 0:00 /usr/bin/python /usr/local/bin/supervisord
root     2392 0.0 0.0 7404 844 pts/0    R+ 22:25 0:00 grep supervisor




kill [pid]で殺したあと、再度supervisordを実行しました。


# kill 2384
# supervisord -c /etc/supervisord.conf





ブラウザでhttp://[サーバーIP]:9001/を表示すると、認証ダイアログが表示されます。

464_01.png

設定ファイルに記載したID、パスワードを入力すると、
こんな画面が表示されました。

464_02.png

ここからデーモンの起動、停止が行えます。
これは便利。
関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/08/31(日) 22:31:44|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<複数サーバーのSupervisordプロセスを一括監視する「supervisord-monitor」 | ホーム | SupervisorでPythonのスクリプトをデーモンプロセスとして動かす>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1483-5c571ada
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)