Symfoware

Symfowareについての考察blog

Python 翌日、翌月を取得する(datetime.timedelta,dateutil.relativedelta)

毎回調べている気がするのでメモ。


翌日取得(timedelta)



翌日は、加算したい日付(1日)のdatetime.timedeltaオブジェクトを作成。
datetimeに加えてやります。

サンプルは以下の通り。


  1. # -*- coding:utf-8 -*-
  2. import datetime
  3. # 今日の日付を取得
  4. today = datetime.datetime.today()
  5. # 翌日を取得
  6. next_day = today + datetime.timedelta(days=1)
  7. print today.strftime('%Y-%m-%d')
  8. print next_day.strftime('%Y-%m-%d')




実行結果


$ python sample.py
2014-08-30
2014-08-31






翌月取得(relativedelta)



翌月は面倒くさい。
素直にdateutilを使用したほうがよいです。


$ sudo easy_install python-dateutil




サンプルは以下の通り。


  1. # -*- coding:utf-8 -*-
  2. import datetime
  3. from dateutil.relativedelta import relativedelta
  4. # 今日の日付を取得
  5. today = datetime.datetime.today()
  6. # 翌月を取得
  7. next_month = today + relativedelta(months=1)
  8. print today.strftime('%Y-%m-%d')
  9. print next_month.strftime('%Y-%m-%d')




実行結果


$ python sample.py
2014-08-30
2014-09-30






【参考URL】

Pythonで来月1日と月末の日付を取得する方法

python-dateutilを使ってみる


関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/08/30(土) 18:54:48|
  2. Python
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Debian 7でjpeg画像最適化ツール「Jpegoptim」を動作させる | ホーム | jQuery 要素をeachしている中で、continue、breakする方法(Illegal continue statement )>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1476-16d65ea8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)