Symfoware

Symfowareについての考察blog

PHPフレームワーク「Laravel」でプログラムエラーの表示

PHPフレームワーク「Laravel」の使い方を調べています。
PHPフレームワーク「Laravel」のビューの使い方

デバッグ時にエラーを表示させてみます。


デフォルト設定



デフォルトではデバッグ情報が出力されないようになっていると思います。
エラーになるとこんな画面が表示されるかと。


Whoops, looks like something went wrong.



451_01.png




設定変更



「app/config/app.php」に設定があります。


'debug' => false,



となっている箇所をtrueに変更。


  1. <?php
  2. return array(
  3.     /*
  4.     |--------------------------------------------------------------------------
  5.     | Application Debug Mode
  6.     |--------------------------------------------------------------------------
  7.     |
  8.     | When your application is in debug mode, detailed error messages with
  9.     | stack traces will be shown on every error that occurs within your
  10.     | application. If disabled, a simple generic error page is shown.
  11.     |
  12.     */
  13.     //'debug' => false,
  14.     'debug' => true,




変更すると、詳細なエラー情報が表示されるようになりました。

451_02.png
関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/08/13(水) 23:27:13|
  2. PHP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<PHPフレームワーク「Laravel」でコントローラーを使用する | ホーム | PHPフレームワーク「Laravel」のビューの使い方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1464-1752fd4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)