Symfoware

Symfowareについての考察blog

Debian 7にMongoDB 2.0.6 をapt-getでインストールする

以前、DebianでMongoDBを動かしてみたことがあります。
DebianにMongoDBをインストールする

今度はapt-getでインストールしてみたいと思います。



インストールと起動



apt-getでインストールしました。


# apt-get install mongodb



あっさりインストール完了。
起動してみます。


# /etc/init.d/mongodb start







MongoDBのバージョン確認



現時点(2014.7.23)の最新バージョンは「2.6.3」でした。

apt-getでインストールされるバージョンを見てみます。

mongoコマンドでコンソールを起動。
db.version()でバージョンが確認できます。


# mongo
MongoDB shell version: 2.0.6
connecting to: test
> db.version()
2.0.6




2.0.6がインストールされました。




外部接続許可



別の端末から接続できるようにしてみます。
設定ファイルは「/etc/mongodb.conf」


# vi /etc/mongodb.conf




「bind_ip」を「127.0.0.1」から「0.0.0.0」に変更して保存。


#bind_ip = 127.0.0.1
bind_ip = 0.0.0.0
#port = 27017




MongoDBを再起動します。


# /etc/init.d/mongodb restart




ブラウザで、http://[サーバーIP]:28017/を表示すると、管理画面が表示できました。

430_01.png




restを有効化



もう一度設定ファイルを編集します。


# vi /etc/mongodb.conf




ファイル末尾に以下の一行を追加。


rest=true



これでブラウザにJSONな結果が表示されるようになります。

430_02.png
関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/07/22(火) 23:41:27|
  2. MongoDB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<PyMongo 2.7.1のインストールと使い方(チュートリアル) | ホーム | Debian 7 + nginx + php-fpmな環境を構築する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1430-5b45aea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)